うえむらきみよの 君とタユタウ 
スキなものはスキ、キライなものはキライ。でも、中庸もいいかなって想う、最近。


プロフィール


kimi

Author:kimi
私が私を見つけたとき、
私は生まれて初めて 
思いっきり空を飛べる気がしていて       

「ワタシ革命」

今 
私は 
その日を 
楽しみに生きてます



最近の記事




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

2017.05.28  足りないものが、強烈に欲しい。 <<09:31


4月から、ここ1カ月・・・
毎週何かしらのオーディションに参加させて頂いています・・・

いろいろな鈍さを突きつけられ、
自分が自分で動かせない、不自由な体に、苛立ち、
結局は、やってないから、芝居の「勘」が完全に衰えています。

つまんない。
全然私が、私につまんない。
どこかで見たような、どこにでもあるお芝居になっている。


今、
自分が足りないなと思っているものを、強烈に欲しがっている自分がいます。



何から始めたらいいのだろう?


手当たり次第?
目の前の事?

一つ一つ、やな!


今年は、もう1本くらいは舞台に立つつもりですので、
がんばります!



また、お知らせします。











No.371 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2017.04.25  旅へ <<19:14


2017042021261133b.jpg



お花畑を抜け、


ひとり


心静かに


歩く。


歩き続ける。



20170420193340f17.jpg




何もかも



満ち足りている




感謝。





お芝居が、したいです。







No.370 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2017.03.17  いろいろ、運命たち <<08:07


また、更新が・・・遅くなり・・・
広告だらけになっておりますね。

がんばって、月1は更新していこうと思っております。



さて・・・
先日、福岡に1泊2日の帰省をしてまいりました。
当日に、「そうだ、福岡に行こう」と思い立ち、
成田エクスプレスにのり、格安航空にて、福岡へと向かいました。


それもこれも、きっと、運命で。


その帰省前日が、祖父の誕生日だったものですから、
92歳のお祝いにと、お電話を致しましたところに、
父より、
「明日、弟が帰省するよ」
ということを告げられ、

「一緒に?」と聞くと、
「一緒に来るらしい」と困惑気味。

そうか、ついにきたかと、私も、緊張気味。
その日はそのまま、倒れこむように就寝。

2連休なので、どこまでも眠っていてもよかったのに、
翌朝、なぜか、6:30に目が覚めた。
そしてすぐ、この白紙の2連休をどう過ごすかの考えがまとまった。
「福岡に行こう」

朝、母に電話をすると、すぐ出た。
「どうした?」
「今日、来るらしいやん」
「そうなんよー、ねー急に言うから、休みにしてもらったんよ」と母。
「行こうかな」
「え?来る?」
「行けと言わんばかりに、珍しくやすみなんよ」
「いいね、おいで」と母。
「飛行機予約して、また連絡する」

それから、私は福岡へ飛び立った。
そして、私たち家族は、弟と彼女を迎えた。

5年ぶりに会った弟は、何も変わっておらず、
相変わらず、明るく元気に、よくしゃべった。
彼女の隣にいる、弟はとても自由な感じがして、見ていてすがすがしかった。
私が一度、雲南省の弟を訪ねた時に、会った彼女だ。
彼女も、年を重ね、女性になっていた。

いよいよ、結婚するという。

父を始め、母も・・・会う前は少々参っていたが、
家族の食事会が終わった後、父が
「しんが、彼女を理由がわかる気がする」といった。
父が思うに、彼女は、母と私を足して割った感じだという。

私も、弟が彼女と一緒に生きて行こうと思った理由が分かった気がした。
父が思う理由とは全く違ったもので・・・

彼女が弟に惹かれる理由と、弟が彼女に惹かれる理由が、
母が父に惹かれた理由と、父が母に惹かれた理由に、とても似ていたからだ。

弟自身が見てきた、夫婦像は、父と母そのもので、
そういう女性に出会ったときに、家族になりたいと思ったのかもしれない。

父が弟に、彼女のどこが好きなのかと聞いた時に、
「どこが好きなのか、わからない」と幸せそうに、笑いながら言った。
そして、彼女のことを「同志」だと言った。

その言葉は、かつて、父が、私たち家族に伝えてきた言葉。
家族は、「同志」なんだと。


弟と彼女の出会いは、旅先であったのだけれど、
5年以上の月日を経て、ここまで来た。
どこで出会っても、運命は運命なのだろう。

そして、たまたま、この場に参加できた私も、また運命なのだと思う。

久々に帰省した福岡の街は、
とても豊かに見えた。
これは、土地の豊かさから来る、人々の豊かさかもしれない。
自分に余裕があると、人にも優しくなれる。
福岡は、そんな街。

たわいのない、意味のない、
意味を求めない時間だけが、やわらかに過ぎてゆく。


いろいろ、運命たち。


これからも、いいことばかりではない運命がたくさんあるかもしれないけれど、
二人の幸せを、応援してゆきます。


結婚おめでとう。



2017031708054841e.jpg















No.369 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2017.02.13  ありがとうございました!! <<07:21


201702130722058d4.jpeg


昨晩・・・

「AVA 戦場に散りし十字架と塩胡椒、最後に愛と」

無事に千秋楽を終えることが出来ました。


時間のないスケジュールの中、
雪が舞う、寒い日にも関わらず、
それでもいつもと変わらず、劇場に足を運んでくださり・・・
励ましや、暖かい言葉を頂き・・・

皆様、
本当にありがとうございます。

「ファン」という言葉の意味を、
改めて、かみしめた時間となりました。

そして、その言葉について、今も考えています。

何が・・・だからとかではなく、
何もかも、すべて、見ていてくれて、受け取って下さっている方々の大きな存在・・・
どんな私であっても、
それを楽しみにしてくださる方々・・・

その方々がいてくださるおかげで、
私はどんな状況でも、舞台に立てるし、
思い切り芝居が出来る様な気がしています。

芝居のよしあしでは測れないところで
誰かのファンになる。
それは、きっと、人との出会いと一緒で、
その人のことが、きっと、どうだからとかではなくて、
単純に、好きなんだと思います。

そういう存在に、
どんなところであっても、なっていきたいなと。

全然、遠いですが・・・

それは、とても難しいことだけれど、
それは、きっと、「自分には嘘をつかない生き方」をしてゆくところに、
ヒントがあるような気がしています。
そのあたりに、きっと「道」がある。



「まさかのオーメン」
見て頂き、ありがとうございました。

舞台に来て下さったマネージャーが、
「すでに、2回観た」とニヤニヤしながら、仰っていたのと・・・

私の母親からの感想メールが、
「ママ友こわ~い」

だったので、なかなかいい仕事ができたんだと思います。
私の母は、完全に一般人なので、
ずばずば思ったことを口にします。
なので、「娘」ではなく、完全にいち視聴者として、見てしまった・・・
ということは・・・私としては、ガッツポーズものです(笑)

それにしても、地上波すごいです。
全国各地にいる友人と、繋がれますから!


****

今回、立て続けに、映像・ボイスステージと、
全く縁のなかったジャンルにチャレンジして参りましたが・・・

よかったです。
弱点が、具体的に見えてきました。
精度を上げて行くポイントが見えてきました。
それに、大切にしていかなければならないものも、みえてきたので・・・
大収穫です!


それにしても・・・
人は面白く・・・
言葉は簡単で、行動は難しい
だから、「ACTION」を、信じるのは正しいなと。
改めて、思うところが沢山あった時間でした!




改めまして、
舞台・再現ドラマと・・・
今回、尽力して下さった、スタッフさん、共演者の方々・・・
観て下さった、皆様・・・
本当にありがとうございました。

また、どこかで、一緒にお仕事ができますことを、
楽しみに・・・

精進致します。


「まさかのオーメン」~怖いママ友編~
見逃した方・もう一度見たい方へ

TBS 水トク 「 まさかのオーメン」





No.368 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2017.02.03  2/8 TBS 水トク!「まさかのオーメン」に出没します! <<08:51


2017020308403617b.jpeg


節分、ですね。
季節の変わり目・・・もうすぐ、暖かく・・・なりますね。


今の、私の気持ちを、写真で表すと、こんな感じです。





先日、何十年かぶりに、39.6もの高熱を出し・・・
ついに、インフルエンザにかかってしまったか!と・・・
いつ、どこでかかったのかを推理しつつ・・・
もう、救急車を呼ぶべきか、
あ、40度を超えると脳みそが死んでいくんだっけ?とか
つまらないことを考えながら、
家の中でまるまる2日間も、引きこもっていました。

悪寒悪寒で、身体が全然温まらず、39.6度も熱が出てるのに、
まだ寒い・・・という、身体の変化がありました。

熱が下がると、その他の症状はほとんどなく・・・
すっきりと、晴れ渡った2月の空のように、元気に。

「高熱」
今まで、身体に蓄積された老廃物を、燃やしてくれる・・・
という意味もあるらしいです。

年齢と
身体の変化と
再構成

積み上げて、壊していく。
壊して、再生していく。

何もかも、おんなじですね。
同じことの繰り返し。



さて。
キタル、
2/8

TBSの水トク「まさかのオーメン」

という番組に出現します!!!


久々の地上波!!
夜のゴールデンタイムです!!!


全国津々浦々におる、上村のお知り合いの皆様・・・

是非、こわーい上村の現在を、目撃してみてください (^0^)



舞台の方も絶賛稽古中です・・・

お時間があって、いけるよーという方、
上村まで、一報をくだされば、幸いです^^

よろしくお願い致します!
















No.367 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手
<<Prev Home Next>>