うえむらきみよの 君とタユタウ 
スキなものはスキ、キライなものはキライ。でも、中庸もいいかなって想う、最近。


プロフィール


kimi

Author:kimi
私が私を見つけたとき、
私は生まれて初めて 
思いっきり空を飛べる気がしていて       

「ワタシ革命」

今 
私は 
その日を 
楽しみに生きてます



最近の記事




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

web拍手

2009.03.19  パズル <<22:29


役を完成させていくために、わたしはいつも、パズルをします。

いろんなピースを、いろんなところから集めてきて・・・

組み合わせてみるのです。

あれ、これ、それ・・・ああ。

これもいいかな?あ、こっちの方がいいかな?って。

ときには、全然、完成の絵が見えなくって、どっかーんって、空中分解していくのです。

そしてあるときには、完成しかけた絵を、ぐじゃぐじゃにします。

「つまんない!」って。



わたしの絵は、おそらく、永遠に留まることはなくて、常に、変化していく。

見たこともない景色を描き続ける。

ときどき、「それって、違うよ」って思う。「それは違うから」って。



そうだなァー。

ある一つの、永遠に変わらない完成品を観るために、パズルを始めたのに、

なんか、わたしは、自分勝手にパズルをしてる!



役者じゃないな。

役者じゃない。

役者には、向いてない。

悔しいけれど、わたしの仕事は役者じゃないんだな。



自分の想いが強すぎる。

自分の意志が強すぎる。

相手には、何にも届いてへんのに。

相手にとっては、どーでもええことなのに。

無駄に、わたしは夢中になってしまう。



何にも伝わらないって・・・

伝わらないんじゃなくて、

あんたが、相手に伝える力がないだけや。

それか、相手があんたをどーでもええ想ってるからや。



心を、諦めてしまいそうになる。

わたしが、閉店してしまいそうになる。


それでもわたしは、もう1回、もう1回だけ、売り場に立ってみるんや


「安うしとくから!」って、

大きな笑顔で





スポンサーサイト


No.85 / もがく / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手
← ごめんなさい / Home / 放課後、居残り組。 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。