うえむらきみよの 君とタユタウ 
スキなものはスキ、キライなものはキライ。でも、中庸もいいかなって想う、最近。


プロフィール


kimi

Author:kimi
私が私を見つけたとき、
私は生まれて初めて 
思いっきり空を飛べる気がしていて       

「ワタシ革命」

今 
私は 
その日を 
楽しみに生きてます



最近の記事




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

2009.03.18  放課後、居残り組。 <<23:17


稽古が早く終わって・・・

みんなどんぶらこ~っと帰っていく・・・



ゆうやけこやけでひがくれてー

やーまのおてらのかねがなるー

おーててつないでみなえろ、

からすといっしょにかえりましょ。

(カーカー)




ひとーり、ふたり。みんな家路に帰っていく。

それぞれのお家に。

みんな、どんな風な夜をすごしてるんだろうなぁって、

わたしは、稽古場に残り、舞台上のいつもの席で、ぼんやりと考えて、

後ろでかなちゃんが、ぬら~りひら~りと練習中。

かなちゃんの、練習姿を眺めるのが、わたしはとっても好き、なんだなぁ。

みんな本番前の、それぞれの夜を過ごしてるんだろうね。



バラバラな時間なのに、

また明日の稽古に向けて、それぞれエネルギーを溜めている時間、

「共有してる時間」みたいなのはいいな、いいな。

うん。なんか、かっこいい。



今日の、放課後、居残り組は他に、演出のともざわさんと演出助手のまつしまだ。

二人はビールを飲みながら、脳みそは疲れているのに、饒舌だった。

まつしまは、気の遣い方がうまいなーと、密かに勉強させてもろうてます(笑)




がらんとした稽古場。

お祭りの後のような、練習試合のあとのコートのような。

また、明日もお祭りが始まるのだけれど、

今日の放課後の空気は、

確実に、このモノガタリも終わりに近づいているのだなぁと感じさせるものだった。

わたしたちが作り始めた物語が、うねって変化を繰り返して、

もう、終着点に近づいているんだなって・・・

確実に



二度とない物語。


わたしは、あと数日で、どんなモノガタリを生み出せるのだろう。


毎日、新しい、物語を。


人生は、「ある」ものじゃなくて、「作ってくもの」やと思うから。


わたしは、どれだけのものを残せるのだろう・・・きみに。


きみと、タユタウ。











スポンサーサイト


No.84 / 見つめる。 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手
← パズル / Home / 119通目のメールへの返信。 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home