うえむらきみよの 君とタユタウ 
スキなものはスキ、キライなものはキライ。でも、中庸もいいかなって想う、最近。


プロフィール


kimi

Author:kimi
私が私を見つけたとき、
私は生まれて初めて 
思いっきり空を飛べる気がしていて       

「ワタシ革命」

今 
私は 
その日を 
楽しみに生きてます



最近の記事




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

2008.10.11  ラブレター <<22:31


ラブレターが届きました。

1、2、3通。

舞台への感想、役者、上村公臣代へのお手紙でした。

一通一通とってもあたたかくて、それでいて鋭くて、

その上にたくさんの想いがそこにあって、愛にあふれてる。

便利なメールがある時代に、それでも手紙を送ってくださる、

その思いがとても熱くて、やさしくて、心がにじみました。

ありがとうございます。



最近、たくさん人とお話しさせていただいています。

落ち着いて、腹を割りながら、感情を観察しながら・・・。

見えてきたこと、混乱すること、まだ見えないこと、たくさんたくさんあります。

話の途中で、ぼーっとしてしまい、その人の姿を眺めます。はい。ときどき。

一瞬、いいえ、もっと長い時間。

「私が居ることに、この人はメリットがあるのだろうか・・・」

「私とこんなに向き合ってくれて、この人は疲れないのだろうか?」と考えたりします。

それでもみんな、話をしてくれるんですね。

それでもみんな、心を使ってくれるんですね。



”誰かのために涙を流す”

私、今まで一度も、そんなことを考えたこともなかった。



あ、

そういえば、母が泣いていたな。泣いてくれていたなァ。もの凄く怒りながら。

先月。父の誕生日、家族で食事をしたとき、私は、爆発した。

父の誕生日で、久しぶりの家族での食事の席で。

今、その時を思い出した。

「何であんたはいつまでたってもそうなのんよッ!!全然成長してないやない!!」

「悔しい・・・私は、本当に悔しいんよ」って。



同じだ・・・って。

全部、全部、同じなんだって。

おかん、おかんの感情のわからなさは、私、引き継いでるなァ。

おかんが言いたかったこと、わたしに伝えたかったことって、

私には全然何にも伝わってなかったさ。

私も同じなんやね、私が伝えたいこと、私の想いは、誰にも伝わってないんだ。




私は、自分でない誰かのために、

「あの子は何でああなの?ホント、悔しい」って泣くことが出来るだろうか?




ことばって大切。
そのことばに詰まった想いは、必ず伝わる。



たくさんの想いが詰まったことばたちを、

わたしは頂いてきて、

この大都会で、繋がりを切るのは簡単なことなのに、

今尚、何故かたくさんの人が繋がってくれている。

深いつながりを求めてこなかったのに、いつの間にか深くなっている。

こうなると、今、少し、怖い。

失うことが、怖い。




失うことが怖かったから、信じることを止めていたのかもしれない。

繋がることから、少し離れていたのかもしれない。



本番中、喧嘩したまま、母とは口をきかぬまま、両親は帰郷。



本番前、母から届いたことば。

「やっぱりキミのサポーターを続けます」



心に響く、すべてのことばたちは、

ラブレターであるんだなぁと想う。




今日の夕日は最高でした。

下北散歩。




200810111654.jpg








スポンサーサイト


No.57 / 散歩 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手
← 冬への準備。 / Home / これから私に出来ること →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home