うえむらきみよの 君とタユタウ 
スキなものはスキ、キライなものはキライ。でも、中庸もいいかなって想う、最近。


プロフィール


kimi

Author:kimi
私が私を見つけたとき、
私は生まれて初めて 
思いっきり空を飛べる気がしていて       

「ワタシ革命」

今 
私は 
その日を 
楽しみに生きてます



最近の記事




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

2008.02.21  頭がおかしいのか、脳みそが意地悪なのか。 <<13:50


最近、というかここ3年、めっきり要領が悪くなった。

その前までは、要領のよさ、器用さが嫌で嫌で、すんごくペースを落とす生活を続けている。

それが染み付いてしまったのか、めっきり一つのコト以外は出来なくなってきた。

「覚える」「記憶する」ことさえも、ぼんやりしていて、有名な俳優さんの顔すら思い出せない。

映画や本にいたっては、タイトルや作者・監督を覚えようとする心意気さえない。

しかしその中で、一番私の心を掴むのが、地図だ。

駅名や路線、道路、地名・・となると話は別。

名前というより、どこからどうきてどう繋がっていて何がある

ってことを無性に知りたいようだ。

その町の風景や匂い、人の顔・・・そこにあふれる存在感。

それにはキーンとひきつけられるものがあり・・・決して忘れないし、

ことあるごとに鮮やかに私を包み、よみがえる。



ひとつのことに熱中する性格になってしまったせいか、

熱中する度合いがはなはだおかしく、

ほかの事が本当におろそかになり、忘れ物はしょっちゅうである。

買ったものを置き忘れたりするのだが、買った記憶さえないこともある。

いつも携帯やお財布がどこに入っているかすらもわからず、しょっちゅう忘れる。

折角書き溜めたシナリオやプロット、ネタさえも、どこかに忘れてきてしまう。

もしかしたら、というか、

要するにどうでもいいのだろう。

頭の中にたくさんの熱中思考回路があるのだが、それが度々入れ替わる。

入れ替わると同時にその前考えていたデータがうっとぶ。

要するにどうでもよくなる。

そして新たに気になる思考に思いを馳せ・・・恍惚とする。

わたしにとってそれは・・・至福の時間。

だから、深夜、思考が絡まり始めると眠れない。

断ち切ろうとすればするほど、眠れない。それが夜だ。

きっと他に思考のはけ口がないからだろう。

そうともなると、私は裏紙を使い、またはノートにその思考の全てを吐き出す。

そしたら何だか脳みそが満足して、眠ってくれる。

「ねぇ、もう朝の6時なんだけど・・・
諦めて、今日はもう起きようよー」

と促しても、眠たいから寝る。寝れるだけ寝る。ということを聞いてはくれない。

そんなこんなで「人生は時々晴れ」という映画を観ながら、

思考メモが大量に出来た。


毎日毎日、何かの発見があるコトが、楽しくてたまらない。
スポンサーサイト


No.5 / 脳のはなし / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手
← キミィ散歩 / Home / 家政婦は見た! →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home