うえむらきみよの 君とタユタウ 
スキなものはスキ、キライなものはキライ。でも、中庸もいいかなって想う、最近。


プロフィール


kimi

Author:kimi
私が私を見つけたとき、
私は生まれて初めて 
思いっきり空を飛べる気がしていて       

「ワタシ革命」

今 
私は 
その日を 
楽しみに生きてます



最近の記事




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

web拍手

2008.07.06  浮気する。見切りをつけたことに再チャレンジする。 <<22:12


今日、オーディションで、楽器もダンスも「特技」として提示できなかったわたしです。

音楽も、踊りも、わたしにとっては趣味というか、世界観を広げる一つで、

やっぱり趣味なのだと思います。

自由に、思ったように体を動かせるようにはなりたいと強く思うのですが・・・。

でも、歌だけは歌えるようになりたいなと、日々ワンワン吠えてます。



今夜も、雨が降りません。

外出の際、傘を雨傘にしてまで雨が降ればいいと祈っていましたが、

燦々と日差しが降り注ぐ中、

場所は銀座、華やかな人たちが、優雅に日傘の刺繍やレースを輝かせる中、

わたしの雨傘はとっても田舎くさかったです。



時間が止まって、ゆるやかに時が過ぎていく中で、私はわたしの心を再確認。

刺激を求めたり、がむしゃらに手を伸ばしたり、ふわふわ浮気をしたり・・・・。

その中で、ああー私の心はやっぱりここにあるのだと、少なくともまだココにしかないのだと、

強く思ったわけです。

芝居に対する心、作品に対する心、そして俳優としての生き方の心。

なぜソレを強く望むのか、なぜソレじゃなきゃダメなのか、なぜ・・・?

その答えは、1999年に遡っていた。


ソレは眠っていたというか、一回りあがったんだなぁと実感。

でもやっぱりわたしはコレがやりたいんだと思ったときの、何かを掴んだような実感。


今、10年かけてその階段を回ってきて、

またこれから先も浮気の旅が続くのだろう。

遠回りをして、あちこち浮気をして回って、やっぱりコレだと、また10年後に思うのだろうか・・・。


だからかなぁ、

「こりゃあたしにゃできない!!」「絶対やらない!!」

って思ったことにもう一度チャレンジしてみようかとも思ったり。

「やっぱりダメだー」と三行半をつきつけるかもしれないけど、

私は私が暴れないとダメだと、私が私らしく生きないとダメだと

ゆっくりした時間が教えてくれたから、です。



役者は私という存在がつくる。それがすべて。










スポンサーサイト


No.37 / 原点 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手
← 大切なものが増える。 / Home / 嵐を待つ →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。