うえむらきみよの 君とタユタウ 
スキなものはスキ、キライなものはキライ。でも、中庸もいいかなって想う、最近。


プロフィール


kimi

Author:kimi
私が私を見つけたとき、
私は生まれて初めて 
思いっきり空を飛べる気がしていて       

「ワタシ革命」

今 
私は 
その日を 
楽しみに生きてます



最近の記事




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

2017.02.13  ありがとうございました!! <<07:21


201702130722058d4.jpeg


昨晩・・・

「AVA 戦場に散りし十字架と塩胡椒、最後に愛と」

無事に千秋楽を終えることが出来ました。


時間のないスケジュールの中、
雪が舞う、寒い日にも関わらず、
それでもいつもと変わらず、劇場に足を運んでくださり・・・
励ましや、暖かい言葉を頂き・・・

皆様、
本当にありがとうございます。

「ファン」という言葉の意味を、
改めて、かみしめた時間となりました。

そして、その言葉について、今も考えています。

何が・・・だからとかではなく、
何もかも、すべて、見ていてくれて、受け取って下さっている方々の大きな存在・・・
どんな私であっても、
それを楽しみにしてくださる方々・・・

その方々がいてくださるおかげで、
私はどんな状況でも、舞台に立てるし、
思い切り芝居が出来る様な気がしています。

芝居のよしあしでは測れないところで
誰かのファンになる。
それは、きっと、人との出会いと一緒で、
その人のことが、きっと、どうだからとかではなくて、
単純に、好きなんだと思います。

そういう存在に、
どんなところであっても、なっていきたいなと。

全然、遠いですが・・・

それは、とても難しいことだけれど、
それは、きっと、「自分には嘘をつかない生き方」をしてゆくところに、
ヒントがあるような気がしています。
そのあたりに、きっと「道」がある。



「まさかのオーメン」
見て頂き、ありがとうございました。

舞台に来て下さったマネージャーが、
「すでに、2回観た」とニヤニヤしながら、仰っていたのと・・・

私の母親からの感想メールが、
「ママ友こわ~い」

だったので、なかなかいい仕事ができたんだと思います。
私の母は、完全に一般人なので、
ずばずば思ったことを口にします。
なので、「娘」ではなく、完全にいち視聴者として、見てしまった・・・
ということは・・・私としては、ガッツポーズものです(笑)

それにしても、地上波すごいです。
全国各地にいる友人と、繋がれますから!


****

今回、立て続けに、映像・ボイスステージと、
全く縁のなかったジャンルにチャレンジして参りましたが・・・

よかったです。
弱点が、具体的に見えてきました。
精度を上げて行くポイントが見えてきました。
それに、大切にしていかなければならないものも、みえてきたので・・・
大収穫です!


それにしても・・・
人は面白く・・・
言葉は簡単で、行動は難しい
だから、「ACTION」を、信じるのは正しいなと。
改めて、思うところが沢山あった時間でした!




改めまして、
舞台・再現ドラマと・・・
今回、尽力して下さった、スタッフさん、共演者の方々・・・
観て下さった、皆様・・・
本当にありがとうございました。

また、どこかで、一緒にお仕事ができますことを、
楽しみに・・・

精進致します。


「まさかのオーメン」~怖いママ友編~
見逃した方・もう一度見たい方へ

TBS 水トク 「 まさかのオーメン」



スポンサーサイト


No.368 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手
← いろいろ、運命たち / Home / 2/8 TBS 水トク!「まさかのオーメン」に出没します! →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home