うえむらきみよの 君とタユタウ 
スキなものはスキ、キライなものはキライ。でも、中庸もいいかなって想う、最近。


プロフィール


kimi

Author:kimi
私が私を見つけたとき、
私は生まれて初めて 
思いっきり空を飛べる気がしていて       

「ワタシ革命」

今 
私は 
その日を 
楽しみに生きてます



最近の記事




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

2016.05.10  「ダイニングトーク」 無事に、終了しました。 <<20:52


新たな挑戦をし続けた5カ月間が終了しました・・・

ほっとしたような、どっと肩の荷が下りたような・・・気持ちです。

感情が、浮遊しています。


「ダイニングトーク」
久々の舞台にも関わらず、多くのお客様にご来場いただき、
また、たくさんの方に見守られ、無事に、幕を下ろすことができました。

今回は、私のとても苦手とする、役どころに向き合った5カ月間でした。
「一人の、普通の女性」を演じること。
もっと、パワフルな上村さんが見たかった、とか
こんな普通の上村さんも素敵ですね、とか…
感想は、いろいろいただきました。

やりきれなさは、残っています。
でも、後悔のないくらい、走り切りました。
思いつく、やれることはすべてやりました。
最大限出来る限りの時間を、費やしました。
それが正解だったかどうかは分かりません。
もしかしたら、違う道がよかったのかもしれません。

でも、ひとつの事をチャレンジ出来て、やりきったことは、私にとって大きな財産となりました。
そして、友人から「奇跡が起きたね」と言われました。
その瞬間は、もしかしたら、少し、奇跡が起きたのかもしれません。

今回、その試行錯誤のチャレンジに
とことん付き合ってくれた共演者に、とても感謝しています。

そして、
いつも舞台を楽しみにしてくださっている、ファンの皆様、
新たな挑戦を見守ってくれる、友人たち、
ずっと、見守ってくださっているスタッフの皆様への、感謝の気持ちでいっぱいです。

やるべきことは山積みですが、
芝居の前に「人間性」というダメだしをボスに頂いたので・・・

次回公演まで、向き合ってみようと思います。


次回は9月。
4度目の挑戦です。

また、詳細はお知らせします。



「ダイニングトーク2016」
ご来場いただき、誠にありがとうございました。


精進します。
















スポンサーサイト


No.353 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手
← 嵐から、目覚める (番外編) / Home / 明日、千秋楽。 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home