うえむらきみよの 君とタユタウ 
スキなものはスキ、キライなものはキライ。でも、中庸もいいかなって想う、最近。


プロフィール


kimi

Author:kimi
私が私を見つけたとき、
私は生まれて初めて 
思いっきり空を飛べる気がしていて       

「ワタシ革命」

今 
私は 
その日を 
楽しみに生きてます



最近の記事




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

web拍手

2014.12.20  1年間分のような、2週間でした・・・ <<08:51


新宿の郵便局は、ありがたいことに、平日21時まで開いておりまして、
19時半頃、私はすべての原稿を書き終え、印刷をだし、
いざ、郵便局へ・・・
郵便局に着いたのは、20時頃。
さて、私が手にした番号札は・・・なんと、51人番目!!!!

平日の、郵便局はこんなに混んでいるのだと、はじめて知りました。
それにしても、51人待ちとは、一体どれくらいかかるのだろう・・・

原稿を片手に順番を待つ人が、私だけじゃないようで・・・
妙に親近感を感じたりして、
「おつかれさまでした」
と声をかけたくなりました。
その人は、スーツケースを片手にしていたので、
どこかからやってきたのか、はたまたどこかへ向かうのか・・・。

執筆を終えて、もう何も考えたくない!と思っていた私は、
もうその次の瞬間にはいませんでした。
好奇心に、どんどん流されていく・・・

ハイ。
今回。
私の作品を初期から知る友人に言わせれば、
原点回帰だそうです。
初期の頃の、匂いがすると。
「濡れている」そうです。
私は、その感想を頂いた時、
「ああ」さすがだな。と思いました。
本当に、全く、私も同意見だったからです。

何故、今、こんな作品が生まれたのかはわかりません。

私にとって今回の作品は、生み出したというより、
生まれてきたに近いものがありました。
ネタというネタが見つからないまま、
そのまま、今のままを突っ走って、1日で仕上げました。

そして、今、後悔をしています。
2週間程寝かせ、読み直した時、その作品の、伸びシロを沢山発見してしまったからです。
原石はそのままで、もう少し、もっと加工を加えたかった。
そうしたら、あと、4割近く、素敵な作品になったのになぁと、
それは、もう、猛反省です。
まあ、それに気づけたので、今回は良しとします。
これからは、1ヵ月前倒しで書きます。

無事に、今年の仕事を終えた私は、
個人的な、感情の渦に巻き込まれていました。
実に4年ぶりに、地の果てをさまようような、谷底に突き落とされる経験をし、
傍に居続けてくれた友人のおかげで、奇跡的に、復活しました。
あれは奇跡の様な一日だったと、
あれを間近で見れて、よかったと、友人は笑って話していました。
確かに・・・あの復活は、奇跡でした。
舞台の上で、奇跡が起きた感覚とよく似ていました。
やっぱりすごいぞ。私!
私は私を誉めてみました。

師走の忙しい日々に紛れ、
気持ちが別人のように切り替わり、
少しずつ、記憶が薄れていく日々・・・
それでも、大切な人の心を大切にできなかった、後悔の傷は、
まだ、心の中にあります。
「ごめんなさい」と「ありがとう」
ああ、この経験を、今からの時間に活かしていきたい。
痛みと共に生き、新たな私になっていくこと。
それが、私の「つぐない」です。


そんな、心が苦しい日々の中にも、
小さな喜びがあったり、
新しい出会いがあったり、
たくさん笑えて、
たくさん救われて、
本当に、私は、幸せです。


今年は、舞台に立つことが無かった一年でしたが、
充実した日々の中、
毎日舞台に立っているつもりで、日々を過ごしてきました。
舞台に立ってほしいと、応援の言葉を方々に頂き・・・
私も、素敵な作品を強烈に待ち望んでいます。
もう少し、もう少しお待ちください。

今は、新たな作品への出会いを待ちつつ、
自分自身を充実させて、
執筆活動に、経済活動に、励もうと思っています。
私の「表現」を日々追求していきます。



今年も、暖かく見守って下さり、感謝しております。
来年は、公演のお知らせができることを、切に願いつつ・・・
歩みを止めず、あせらず、ゆっくりと、でもしっかりと
私らしく歩みを進めていこうと思います。


本年もありがとうございました。
皆様、よいお年をお迎えください。


2014/12/20 上村公臣代







スポンサーサイト


No.334 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手
← 冷たい雨の一日に。 / Home / ことばにすることを、やめてみる →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。