うえむらきみよの 君とタユタウ 
スキなものはスキ、キライなものはキライ。でも、中庸もいいかなって想う、最近。


プロフィール


kimi

Author:kimi
私が私を見つけたとき、
私は生まれて初めて 
思いっきり空を飛べる気がしていて       

「ワタシ革命」

今 
私は 
その日を 
楽しみに生きてます



最近の記事




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

2013.08.17  タオル犬。 <<00:52



「タオル犬づくり」

日時:8月21日(水)11時~

用意するもの:使い古しのタオル。



タオル犬。
みなさんのおばあちゃん家にも、一匹くらい、いませんか?



お盆ですね。

諏訪へ行ってまいりました。

毎年、花火大会めぐりをするのが、私の夏の風物詩なのですが、

今回は、諏訪!

「諏訪湖花火大会」です。



といっても、昨日の花火大会…。

歴史的豪雨で、大会史上初、中止となりました。

いやー

こりゃー

始めから雷雨だったのですが、30分くらい上がり続けていたのです。

マジかーっと、全身びしょぬれのまま、

雨、雷の中でもしっかり上空を舞う花火に感動しとったわけです。

そして、いよいよ雷と、風雨がひどくなって、

雷が、ゴンゴン落ちてまして…

私たちは笑うっきゃないみたいな空気の中、雨の中でコントをしながら、

ひと時遊びながら、それでも打ちあがる花火を、見上げておりました。

こんな状態で花火を鑑賞したのは、初めてでした。



こんだけ降ったんだから、やむやろと、甘く考えておりましたら、

益々状況はひどくなり…(笑)

いよいよ大会も中断になりました。

大会本部の人々は、それでも

「再入場の可能性のある方は、引換券をお持ちください」と叫んでおりました…。

誰もが、この雨が上がるのを、粘ってじっと待っておりました。。。

これこそ、雨天決行をも中断せざる終えない天気、というところでしょう!




いよいよ、いよいよ寒くなりまして、席を立ちました。

それぞれ皆、いっせいに帰り始めました。

人の波と、それにも勝る雨と雷。

そして救急車や消防車のサイレン。

これはすごいことになったぞと、

そして、電車が止まっているらしいと、

雷が落ちて停電しているらしいと、

いろんな情報が入ってきました。

体はどんどん冷えてきて、唇がガクガクしています。

ビニールを体にまきつけ、

ああ、あとどれくらいこのままでいるのかなと考えました。

私は今日、宿にたどり着けるのだろうかと…



雷が収まるまで、近隣のマンションの方にお世話になりまして、

ロビーを開放してくださったおかげで、体に少し体温が戻り、

この時ほど、ビニールのありがたみを感じた日はありませんでした。

たくさんの人に支えられて、生きてることも、そして、感じたひと時でした。

マンションの管理組合の方々、ありがとうございました。



帰り道、ラーメンを食べ、体力を回復し、さらに歩きました。

もう、雨は小ぶりで、スキップをしました。

歩きながら、これから、どんな雨がこようが、「雨?どーんと来い!」と思うくらい、

雨に対して大きな気持ちになっていました(笑)



結局、友人宅にお世話になることになり、

緊急だったので、いろいろモノが手元になく…

銭湯に行くことにしました。



桶は必須と案内されたお風呂は、それはそれはレトロな、

地域の人たちは無料!

だけど、地域の人たちしか入れない!!

レアなお風呂でした♪

しかも、天然温泉。

贅沢です。





カポーンという音を聞きながら、湯船につかっていると、

ああ、お風呂に入れることが、なんて素敵なことだろうと、

普通のことが、本当にありがたいことだと思える…

しみじみと…

冷え切った体に、熱が入っていくのを感じました…。



なんて素敵な日だろう…

そして、なんて不思議な日だろう。



私にとって、強烈な記憶に残る、大冒険の一日でした!




で、ですね、タオル犬。

その浴場に張ってあったんです。

タオル犬。

公衆浴場といえば、タオル。

タオルといえばタオル犬。


なんとも長閑に、タオル犬。

その張り紙を見たとき、にんまりして、

おばあちゃん家にいた、埃のかぶったタオル犬を、

懐かしく思い出したのでした。




タオル犬。




使い古したタオルに、新たな命を吹き込む。

タオル犬、一緒につくりませんか?


来週、諏訪湖のほとりでやっています♪












スポンサーサイト


No.316 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手
← ただ、呆然と、興奮。 / Home / 腕時計と冒険。 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home