うえむらきみよの 君とタユタウ 
スキなものはスキ、キライなものはキライ。でも、中庸もいいかなって想う、最近。


プロフィール


kimi

Author:kimi
私が私を見つけたとき、
私は生まれて初めて 
思いっきり空を飛べる気がしていて       

「ワタシ革命」

今 
私は 
その日を 
楽しみに生きてます



最近の記事




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

2008.05.04  聴こえてきたよ <<19:01


実家に帰って5日が過ぎ・・・
ゆっくりボケボケする予定が、なかなかボケボケできていません。
ここは、そうだなぁ、風が違う。
ここ何日か、その風に、身を、任せている。
いろんな・・・
目に見えないものがたくさん見える、気がする。

そう、原点。

わたしがずっと考え続けてきた、
「わたしは何がやりたいのだろう?」

わたしが東京生活の4年間の間に、いつの間にか忘れてしまっていたオモイ、コトバたち。

それを、ここの、田舎の風が、運んできてくれた。

昨夜。
うちのバーちゃん家は、真っ暗というより、闇になる。
星は瞬き、木々は轟々しくうねる。

そんな中、音もない中、となりを流れる川の音を聴きながら、フカフカの布団で目を閉じていた時、ふっと、聴こえてきたのである。私は急いで電気をつけ、外へ出た。闇である。家の裏には、神社があり、神社の手前にそびえたつ樹齢300年(くらい)の銀杏の木が、激しく揺れていた。

風の中に包まれていた。

何度も、何度も、この光景に出会った気がする。
気づけば、いつも、どんなときでも、私は風の中にまかれながら生きてきた。
何かあると、大きな木の下から空を見上げ、強く吹き付ける風に揺れる木々を見上げてきた気がする。

部屋に戻ると、メモを始めた。
書かずにいられなかった。

「わたしは何がやりたいのか」

今はそれに「うん」と強くうなづける。

うなづけたら、歩き出せる。

うなづけて、うれしい夜だった。



また、歌を歌った。



スポンサーサイト


No.28 / 見つめる。 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

web拍手
← 二通のお手紙 / Home / ここにわたしがいた →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する


自然の風景が目に浮かびました。
わたしもそんな自然の中で、虫の音色とかにつつまれて無になりたいです。

やっぱ綺麗な文章ですね。

わたしももっともっと強く「うん」てうなずきたいです。

2008.05.05(02:21) / URL / kuwari / [ Edit ]



kuwariへ。

ゆっくり
おうえんしています。
2008.05.05(18:58) / URL / kimito / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home