うえむらきみよの 君とタユタウ 
スキなものはスキ、キライなものはキライ。でも、中庸もいいかなって想う、最近。


プロフィール


kimi

Author:kimi
私が私を見つけたとき、
私は生まれて初めて 
思いっきり空を飛べる気がしていて       

「ワタシ革命」

今 
私は 
その日を 
楽しみに生きてます



最近の記事




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

2011.07.20  『いま愛してます』ご来場、ありがとうございました! <<08:50


台風が近づいていますね…。
子供の頃を思い出します。

私が暮らしていた九州は、台風が多い地域で、
毎年のように、台風で学校が休校になったりしていました。

瓦が飛んでいるのを、ベランダから眺めていたこともあります。
網戸が飛ばないように、ベランダで押さえていたこともあります。
そして、傘で空を飛んだこともあります。

小学校…1年生のときでした。


大型台風が来るから、午後の授業は中止になったのですが、
校庭で…なぜか一人で、遊んでいました。
小学校にある、朝礼台の上で、
黄色い長靴と黄色い傘で、飛んだりはねたりしていたように思います。
その瞬間、一陣の風がふわぁ-っと吹いてきて、傘の下に入り込むように、
私の身体を押しあげました。

夢のような出来事に、一瞬記憶を失いましたが、確か…
校舎を上から眺めていたので、それくらいの位置まで舞い上がったように思います。

子供の頃の夢は、【空を飛ぶこと】だったので、とっても楽しくなったのを覚えています。
そのつかの間、また大きな風が吹いて、私は気づくと、
泥だらけで、裏の公園の草むらの中にいました。
黄色い傘はなくなっていました。


今でも夢だったのかなと思うことがあります。


でも、
ステキな記憶というのは、夢でも何でもいいなと思っています。

わたしは…ほんの少しでも、夢があれば生きていけるなぁ…(笑)





T1プロジェクト本公演『いま愛してます』
無事に幕を閉じることができました。

ご来場、ありがとうございました!!

私にとっては夢のような時間でした。
毎日、毎日、何に祈っているのかわからなくなるくらい、
祈り続けていたように思います。
まだ2日しかたっていないのに、
今振り返っても、記憶が曖昧で…
とても、長い夢を見ていたようにも思います。

あんな役はもう、一生、やることはないだろうと…
どうして、あの役を友澤さんが私に演じさせたのかは、まだ、不明ですが…(笑)
きっと、一生わたしに回ってこないであろう役を、演じさせてくれたのだと思っています。
私が私でない時間を、過ごした1ヶ月は…私にとって財産になりました。

そして、気持ちの通じ合う仲間たちと、過ごせた1ヶ月は、私の宝物です。
私は、もっと、走らなきゃいけない。
そう、痛感した、今回の公演でした。

すばらしい照明、音響、美術を作ってくださったスタッフの皆さま、
一緒に走ってくれたキャストのみんな、
その時間をプロデュースしてくれた、友澤さん、
ありがとうございました。


そして、応援してくださる皆さまへ…
いつも、ありがとうございます。

これからも、宜しくお願いいたします☆






スポンサーサイト


No.256 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手
← 新しいパソコンが来た!! / Home / 第33回PFFぴあフィルムフェスティバル →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home