うえむらきみよの 君とタユタウ 
スキなものはスキ、キライなものはキライ。でも、中庸もいいかなって想う、最近。


プロフィール


kimi

Author:kimi
私が私を見つけたとき、
私は生まれて初めて 
思いっきり空を飛べる気がしていて       

「ワタシ革命」

今 
私は 
その日を 
楽しみに生きてます



最近の記事




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

2010.09.27  17時。 <<17:40


「END OF THE WORLD」
10公演、無事に終了いたしました!

ご来場、ありがとうございました!!




雨です。
17時、現在、雨です。

打ち上げ後、朝方眠りに落ち、
目覚め、むずむずと、中国語の楽器、二胡が弾きたくなり、
電気もつけず、布団の上で、二胡を思う存分弾きました。

二胡は、わたしにとって、不思議な楽器で、
わたしの、今の、状態がすごくわかる。
いい状態の時は、ものすごく良い音を奏でてくれ、逆もまたしかり。
心に、迷いや支えがあるときは、その迷いが出る。
そして、私が成長したときには、一段階、また、
深い音色に変化している。

今日、音が変化した。
1週間ぶりに現れた音色は、すっと、ずどんと、
やわらかく、深く、そこに、自然に、居た。




千秋楽の大楽を終えて…
すべてがふっとんだなぁと……
30年分の余計なものが、ふっとんだなぁと。
ははははっ
ははははっって
もう、笑ってこーやって。




言葉や表現は、ある意味簡単で、惑わされやすい。
一方、感情とか、想いは、とっても伝わりにくいし、不確実なものだ。
「信じてる」
そんな言葉がなくても、
近くに寄り添ったり、何かしなくても、
ちゃんと、同じ方向を向いてる。
この想いは、言葉ではうまく表現できないけど、
なんだか、【家族愛】に似ている気がします。
イライラしたり、衝突したり、嫉妬したり、
でも、いつも、ちゃんと寄り添っている。
「わたしは、いつも、ここに、いるからね」

互いが互いを信じて、走ってきたこの1ヶ月は、
私にとって、大きな財産です。
キャストのみんな、本当にありがとう。


そして、まだまだ未熟な私たちを、
かげながらしっかり支えてくださる、スタッフの方々に、
心から感謝したいと思います。


いつもそういう環境を、作ってくださる、ボスに、ポコポコポコ!




これからも、もがきながら、頑張ってまいりますので、
どうぞよろしくお願いしますっ!


まずは、今、目の前にある、具体的な壁に、取り組みたいと(笑)

その壁を越えられたかどうかは、

次回の舞台で、お楽しみに!









スポンサーサイト


No.222 / 感謝 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手
← こりゃ、まいったなぁ(笑) / Home / 千秋楽へ…… →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home