うえむらきみよの 君とタユタウ 
スキなものはスキ、キライなものはキライ。でも、中庸もいいかなって想う、最近。


プロフィール


kimi

Author:kimi
私が私を見つけたとき、
私は生まれて初めて 
思いっきり空を飛べる気がしていて       

「ワタシ革命」

今 
私は 
その日を 
楽しみに生きてます



最近の記事




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

2008.03.31  出会うということ別れるということ。そしてまた出会うということ。 <<23:42


午後から出てきてくれた日差しにホッとして、
さくらがどうか、一日でもながく見られますようにと、祈っていました今日です。

今日で一ヶ月近くお世話になった職場ともお別れの時。
いつも思うこと。
そこに私が居たと過ごしてきた時間が、ちゃんとそこに存在すればするほど、
そこへの愛情は溢れ、そこから離れることにココロ寂しさを感じる。
例えば旅先でさえ。
一泊すればその部屋に愛着が満ちる。
例えば公園のベンチでさえ。

その寂しさが少し気持ちよかったりすることもあるのだろうか?
スキ、なのだろうか?

その郷愁がスキだから、私はいつのときも、しっかり生きるようにしている。
生きてしまう。
周りの人が面倒なほど、めんどくさい、この人と思われるくらいの執拗さ。
自分でも自分がときどき面倒になる。
あー、もういいから。話しすぎだから、と。

今回の職場は、びっくりするくらいすーっとなじめた。
何も考えず、すーっとあたたかさに包まれてた。
仕事に行くのが楽しみだった。
理由はわからないけど、たぶん、人。
っていうか、絶対、人。
出会った人々がよかったのだ。

マシュマロみたいな人たちだった。
ふわふわっと、そう。ただふわふわっと、みんな幸せそうにマイペースに仕事をしてたとこ。
そこが好きだったなぁ。
誰一人、嫌そうに仕事をしてないとこ。

確かに仕事がたくさんで、いそがしくて、残業とかで、疲れてるはずなのに、
なぜかみんな、マイペースな感じが。
みんなココロに余裕があるなぁと感じた。でも、仕事は忙しいのね。なのにマイペース。
繰り返しすぎね。

だから、本当、この出会いに感謝しました。
この時間に感謝しました。
ありがとうございました。

さくらが散るように、
少しずつ
距離が離れていくのかもしれない。
それでも、
またこれから、繋がっていくことを信じて、
何度でも出会えることを期待して、
また明日から出会う誰かとの時間を楽しんで行きたいな。

だからね、
ともだちの「枠」とかいらないの。
そんなものいらない。
小中学生が好む「グループ作り」のようなともだちはいらない。
それって、自分のポジションを確保するため?
なんで、もっと自分で立てないの?

っと、いきなり疑問、疑問、疑問、をぶつけてみたけど、
とても窮屈だから、ちょっと叫んでみました。
わたしはァ、やるど。
とことんやるど。
気に食わんことには、とことんぶつかります。
誰がなんと言おうと。

こういう人とのぶつかり合いも、
出会い別れ、新たに出会うという言葉で表現できるのかもなぁーと考えました。


さぁ、祭りの始まりダイ。


さくらを見ると、
恩師が癌で逝った春を思い起こさせる。
だから、もう少し、少しでも長く、
さくらが咲いていてほしい。
スポンサーサイト


No.19 / ジャンプ / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲

web拍手
← 私は何がやりたいんだろう。 / Home / 人のことを考えると我を忘れる。 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

「枠」や「グループ作り」


おっしゃる通り不安から来るのでしょう。


新しい集団に入る時、“四つの懸念”を抱くと言います。『他者懸念→統制懸念→目標懸念→受容懸念』の四つで、この順番です。

他者懸念は「どんな人達なのかな?」
統制懸念は「統制者(ボス)は誰なのかな?」
目標懸念は「この集団の目標は何かな?何処に向かってるのかな?」
受容懸念は「自分は受け入れて貰えてるかな?自分はどう思われてるのかな?」



自由は不安だったりします。

自分が「何も無い空間にいる」と想像してみて下さい。「光や地面も色も、自分以外何も無い世界」。


例えば
見えない事が不安になり、明るさを求める。自分がドッチを向いてるか分からないから、地面を欲する。

それぞれ“明暗”や“上下”と言う概念を生み出し、自由が一つ、また一つと奪われて行きます。何も無ければ全てが自由で、無限の可能性があったのに、概念が出来ると自由が制限されます。

対価として、安心を得る事が出来る。

人間、不完全だから不安、でも不完全だからこそ楽しみも…



桜、少しでも長く咲いています事を。
2008.04.02(00:01) / URL / イシカワ / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home