うえむらきみよの 君とタユタウ 
スキなものはスキ、キライなものはキライ。でも、中庸もいいかなって想う、最近。


プロフィール


kimi

Author:kimi
私が私を見つけたとき、
私は生まれて初めて 
思いっきり空を飛べる気がしていて       

「ワタシ革命」

今 
私は 
その日を 
楽しみに生きてます



最近の記事




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

2010.03.15  千穐楽の奇跡 <<12:03


T1プロジェクト『いま生きてます』

無事に、千秋楽を終えることができました。

たくさんのご来場、ありがとうございました!



千秋楽に起こった、奇跡について・・・

実は、千秋楽、本番の中盤でやや大きめの地震がありまして、

舞台装置が、ゆらゆらゆれるほどに、

かなり、ゆれたそうなのです。

私は、そのシーンに出ていたのですが、まったく気づかず・・・

その地震で、とまっていた柱時計が、動き始めたのです・・・

今まで、4時43分でとまっていた、柱時計が、

チクチクチクチク・・・動き出したのです!!!



わたしは、演出の友澤さんが、千秋楽のサプライズで動かしたのかと思い・・・

「真相を確かめなければ!」と思いながら、芝居を続けていました。

その、チクタクが、わたしの脳を、完全にその世界に引き込んでくれました

“とまっていた時間が動き出す”

気づくと、心が、動き出していました

やっぱ芝居はおもしろい



というわけで、今回、様々な出来事があった、本公演・・・

自分の力のなさを、再確認させられ、

でも、持っている力の限りを、尽くしきった自分を

今日は、ほめてあげたいと思っています



多くのお客様に支えられ、キャストのみんなに支えられ、

スタッフさんや、友澤さんのプロの仕事を間近で拝見し、

早く一歩でも近づきたいと心から思いました



今、わたしにできることを、少しずつでも重ねていくしかないから

今、わたしはお礼を言いたいです

この公演に関わってくださったすべての方々へ、

本当に、ありがとうございました!




この日の奇跡は、きっと、忘れないとおもいます

わたしの心の時間も、動かしてくれた日を、きっと、これからも・・・





今は、すごく、恋がしたいです









スポンサーサイト


No.176 / 舞台 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手
← 新天地へ / Home / 2日目、晴天 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home