うえむらきみよの 君とタユタウ 
スキなものはスキ、キライなものはキライ。でも、中庸もいいかなって想う、最近。


プロフィール


kimi

Author:kimi
私が私を見つけたとき、
私は生まれて初めて 
思いっきり空を飛べる気がしていて       

「ワタシ革命」

今 
私は 
その日を 
楽しみに生きてます



最近の記事




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

web拍手

2009.07.15  字。 <<22:16


じーっとね、見つめてみました。


活字じゃないよ、手書きの文字。


じー
じー
じー


ギャグじゃないよ、マジです。


(ふふ笑)
(ふふふ笑)
(ぷぷぷぷ~笑)
(大笑)


いや、ホント・・・ねぇ・・・

下手なのね、字が。

もう、びっくりするくらい。

こんなに下手だったのねーって、

感心してしまいました。

そのひとの、名前しか、手書きの文字を知らなかったので、

こんなに、たくさんの文字が並んでいるのをみると、いやーはや・・・圧巻



その手紙のいいところ、

読まなくていいんです。

読んじゃだめ。

放置!!

そして、とくと眺めます。

すると、くすくすってなる。

内容なんて、どうでもいい。

じーっと眺めていると、ゴソゴソっと、来ます。



文字は、その人をあらわすのだなぁと、改めて思いました

この手紙は、その人そのものです

って、出会って、こんな、手紙なんて、もらったことなかったよね?





懐かしい友人からの、変わらない温度の手紙に、

わたしの5年間がある気がして、

こんな友人は、めったにできないなぁと想いながらも、

もう半年は会っていなくて、

遠いなぁ、遠いなぁと、思っていましたところに、

手紙が参りまして、

ああ、よかったよかったと、力いっぱい頷く私がいました




ありがとう、ゆな。


また、本、借りてくださいね。ごゆるりと。




スポンサーサイト


No.145 / 見つめる。 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手
← おっと / Home / はなしをする →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。