うえむらきみよの 君とタユタウ 
スキなものはスキ、キライなものはキライ。でも、中庸もいいかなって想う、最近。


プロフィール


kimi

Author:kimi
私が私を見つけたとき、
私は生まれて初めて 
思いっきり空を飛べる気がしていて       

「ワタシ革命」

今 
私は 
その日を 
楽しみに生きてます



最近の記事




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

2011.12.20  応援しています! <<08:54


昨日は、いろんなコトが動いた日になったな。




そういう一日もあるんだな。





8対2の法則で、

世の中のことは2割の人間が動かしていたり、

物事を勧めるのは2割の仕事だったりすると言うけれど、

その2割の一日だったのだなぁ。



小学校のころから、ホークスが大好きで、福岡が好きで、

それだけを目標にして野球に励んで、

念願かなって、ホークスに入団して、

愛して愛して愛してきたホークスを退団した杉内投手。

愛してきたがゆえに、失った信頼への傷は深いと思う。

信じていたものが、少しずつゆがんで見えて、

「違和感」が募っていく。

その違和感が、悲しみに変わり、それでも信じようと思えば思うほど、

その亀裂が大きくなっていく、

揺らいでいく、その、時間。




きっと表に出たその2割は、8割の時間がつくるのだと思う。




私も、今、タイムリーに悩んでいます(笑)



でも、それが、生きていくことなのだと思います。



人は、一人なんだなって。




どこの球団に行っても、あなたの、これからの戦いを、見守っています。

力強く、応援しています!




ようこそ、東京へ。







No.270 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2011.12.18  さよなら水戸黄門。 <<08:36


今、私がよく乗るメトロの釣り広告一面に、貼ってある。

水戸黄門が、明日で最終回らしい。



42年ということは、私が生まれるずっと前から放送されていたのに。

ある種、日本人の持つ文化的なところがある作品だったのに



水戸黄門といえば「勧善懲悪」ということで、

いつか見よう、いつか、楽しめる日が来たら見ようと後回しにしていた。


祖父が言ってた、

年を重ねたら、水戸黄門の楽しみがわかってくると、言った言葉の意味を理解できぬ前に、

水戸黄門、明日、いよいよ大楽を迎える。



時代…なのか?



そのとなりにノンアルコールビールの広告があった。



ああ、時代だな、と思う。





時代は、動いていく。


【歳月人を待たず】




ちなみに、明日の水戸黄門、2時間スペシャルらしい。

祖父母世代が、熱中し続けた水戸黄門。

水戸黄門がなくなって、年老いた方々は何を観ればいいのか!



水戸黄門に代わるドラマの未来を、明日は、じっくりと受け止めたいと思う。





No.269 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2011.12.12  皆既月食と赤い月、白い月。 <<23:07


今頃だと……早朝6時前後。

私の部屋のベランダから、とっても素敵な朝焼けが見える。

太陽がまだ昇る前の、地平線ちかくに居る時間。

地平線に、深い赤色が横一線に力強く燃える。

赤と青が交じり合う時間。

この景色がすごく好きだ。

この数分後には、空一面がぼやけてしまい、現実に引き戻されるから不思議だ。

一瞬。

この時間が楽しみで、毎朝寝坊をしないからまた不思議だ。



朝みえる、白い月。

夕方みえた、赤い月。

先日の皆既日食。



わたしは、どうしてあんなに月にあこがれるのだろうと、

いつもいつも思うのだけれど、

きっとそれは、

毎日必ず傍にあるのに、

知らないことが多すぎるからだろう。

そしてなによりも、美しいからだろう。



「わからないこと」と「美しいこと」に、

人は惹かれるのだと、

物事がそうなることには、必ず理由があるのだと確認した。




先週、うれしいことがあった。

しかし、これはもう、理由なく「奇跡」だった。

やれるだけのすべてのことはやりつくし、待つしかなかった。

祈るしかなかった。

願掛けもやった。

そして、ちゃんと祈りは通じ、奇跡が起きた。

私は、あの奇跡の日を忘れないと思う。




いろいろ、

もっともらしい理由をたくさん並べてみたけれど、

すべての出会いは、

森羅万象も。

やっぱり奇跡の連続なんだなと。



私たちは、今、今を生きていて、今しか生きられないのだなと。

だったら今、来た流れに乗ってみようって。



今日、久しぶりにバスケットに参加して、

調子にのって、古いバッシュで走り回ったら、激しくこけたり(笑)

それでも調子にのって、また、バスケをしたいと思ったり。

筋肉痛になってない!と自分の体をほめてみたり、

この青痣はいつ直るのだろうと、考えてみたり。


今ってやつは、結構忙しいな(笑)



P1040418.jpg




今日の赤い月



No.268 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2011.12.01  師走! <<12:42


4日間の缶詰が開けました。



昨日夕方4時。

郵便局に向かおうとする私は、自転車に徒歩にしよう迷っていた。

うわっ、あったかい。

20度近くはあるなぁと、パーカーで出てきた私を後押ししてくれる。



徒歩で15分。自転車だと5分。

約1年前に購入した、真っ白な自転車は、埃をかぶり、タイヤがゆるくなっていた。


「せっかく高いの買ったのに、何にも使ってないなぁ」と一人嘆き、


久々磨くかなぁ、タイヤ、空気入れてもらうかなと、ごちゃごちゃ考えて、

あかんあかん急がんとと、徒歩にする。



てくてく歩いている自分が、急にまどろっこしくなって、走る。

走っていたら、妙に対抗意識が芽生えて、

脇を走る車に負けじと、陸上選手みたい早くなってしまったから、

明日筋肉痛になるぞと自分に言い聞かせ、

途中で小走りにした。


この小走りが妙に楽しくなって、

走ってる自分を意味なくかわいく思えてきた。



おそらく、一日という区切りを完全に失った私は、

この4日間で何時間寝て、何食食べたか思い出せず、

かなりのテンションマックスであったからだろう。



無事に出し終え、恒例の、お宮参り。

我が家の目の前に、お宮さんがあるのです。

神棚いらずです(笑)

といっても、安産と、厄除けと、縁結びなのですが。



家に入ると急に視界がゆがみますね。

眠さこみ上げますね。

でも、すでに、ああ書き直せばよかった、あそこをもう少しこうすれば…と

いろんなアイディアと後悔がどどどーっと浮かんできまして、

メモしてました。



ま、しゃーない。

感想は、進歩してる。

確実にあたしゃー進歩してるなと。

大丈夫。わたしは、なりたいものになれると。


誰に何を言われても、

自分でつかんだものや、感じたものの方が大きい。



あ、あと、

女流作家の多くが、どうしていつも【恋愛】を欲しているのかが、わかりました。

愛(安定)とか恋(一方的)じゃないんです。

恋愛という、相思相愛の、不確定要素が必要なのです。


あと、

ドラマは、そのドラマの人物たちが

一体となることでしかつくれないコトを知りました。

共同作業なんですね。



きっと、それは実生活でも一緒で、私たちが毎日生きる物語には、

いろんな人が出てくるのですが、自分のストーリーに関わってくる人たちには、

何でもいい。

自分が求め、相手も求める要素がないと、そこに物語は出来ていかないんだなと。

自分だけが求めるのは一人芝居。

相手だけが求めているのは、一人芝居を干渉させられてる感じ。

せめて、突っ込みや説教でも入れてもらわないと、ね(笑)



いやぁ、おもしろい!!


人間が不思議で、面白くて、いとしくて。




もう、とめられまへん。





No.267 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手
 Home