うえむらきみよの 君とタユタウ 
スキなものはスキ、キライなものはキライ。でも、中庸もいいかなって想う、最近。


プロフィール


kimi

Author:kimi
私が私を見つけたとき、
私は生まれて初めて 
思いっきり空を飛べる気がしていて       

「ワタシ革命」

今 
私は 
その日を 
楽しみに生きてます



最近の記事




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

web拍手

2009.05.30  出来るだけ、塞ぐ <<23:14


出来るだけ、塞ぐことにした


「自分」を


今は・・・


いやこれからも?


どうなるかしら?













No.136 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2009.05.29  ふわるるわっと片付ける <<23:14


5年前くらいのわたしは、青くって、角張ってて、

やたら、ガツガツしていた。



最近、ゆらるらっと、ぬらふわっとしていて、

なにもかもオーケーオーケィっ!!

みたいな感じになってる自分がいます。



確かに、わけもわからず、拒否されることは、つらかったりいします

「わたくしは・・・そんなにあかん人間でしょうか・・・」

少し、傷つき、そして、はかなく、かなしくなる。



でも、ぬらげらっちゅーとしてきたわたしの体は、

そんなこんなも、そんなこんなに、切り抜ける強さが身についてきました。



いいのいいのー
いいのよー
何でもいいの
いらっしゃーい




生きることはイトオカシ。


もっと人生が楽しめる気がしています。





No.135 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2009.05.28  雨漏り。 <<23:17


なんだか、物音がするとおもったら、


ごきぶりさんががさごそ活動しているのかと思ったら、


雨漏りしていた!!!


雨漏りする家が、まだあるなんて、おどろき。




No.134 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2009.05.27  癖というか趣味というか、人生 <<21:11


とどまることのしらない
好奇心。
広がりすぎる、感性。


知りたい。
知りたい。
もっと、知りたい。


見たい
聞きたい
触れたい
感じたい



「化けなきゃ、面白くもなんともないでしょ?」




分析に論理。
感性に、論理を。
わたしは、今、
強烈に論理がほしい。






No.133 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2009.05.25  ガラス職人の映像を見ていた父が、 <<22:02


「やっぱ、職人になりたかった」とつぶやいていた。




サラリーマン、30年、続けてみてわかった。向いてなかった、と。




わたしからみた父は、決してサラリーマンに向いていないとは思わない。




むしろ、ガラス職人の方が、向いてないと思う。




が、父は、「職人」になりたかったのだ。




それでも、自分の選んだ人生を歩む父。




いつも、背中、見つめてます。


















No.132 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2009.05.24  「また明日」って <<22:04


一日中話をしても、


また明日も話したい人


毎日話をしても、


また、明日も話したい人




「また明日」って、


大きく手を振る









No.131 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2009.05.21  よしっ <<09:42


いろいろ思う。
いろいろ考える。
いろいろ想う。



でも、
わたしのいいところも、
わたしのわるいところも、
わたしが一番よく知っている。




おそらく、
答えも、わかっている。




いくよ?わたし?

よしっしゃ






No.130 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2009.05.18  まめまめしい <<21:18


すっかりなまけることができなくなってしまったわたしは、



まいにちまいにち



はたらき蟻化しております



あたまって使うと、どんどん進化するのですね



回転しすぎて、眩暈がします



たまにはァ、なまけさせてくださいー



と、今日もおつかれさまと、自分にご褒美を1つ。



今日は「東京ラスク」






No.129 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2009.05.15  ベトナムこーひー <<21:17


200905141530000.jpg


じゃじゃん。



この、お一人さま用、コーヒーフィルタ。



ベトナム限定!!!



200905141532000.jpg



実は、2層にわかれております。



下の層は、練乳。



かしこいかしこい。



さとう+みるく=練乳




先日、さえちゃんに、GOEMONに誘っていただきました~



なかなか。

うん、なかなか。

いろいろ疑問は残りましたが、
大沢たかおさんのシーンで・・・いやいやぐぐっときました。


舞台ぶりに会ったさえちゃんから、
たくさん幸せ受け取って、
ますます元気になりましたっ


ありがとう☆








No.127 / しあわせ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2009.05.14  一陣の風 <<07:59


風が吹きぬける我が家で、


なにか温かいものを飲みながら、


なにか素敵な音楽を聴きながら、


創作している時間が大好きです



さてまっ白な紙に、なにを描こうか









No.126 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2009.05.12  人材募集 <<22:59


いま、いろいろ、人材募集中です。

いや、今だけじゃなくて、いつも、年中無休、人材募集してるのか・・・わたし

詳細は、うまくかけないです


わたしが知らないキャラクターや人生
わたしをとりこにさせてくれる人
わたしが感心するくらい、素敵な子。


とにかくいろんなキャラクターカモンっ


わたしにとって、
どんな専門書より、
「人」から勉強するのが、一番力になります。

人は宝だ!





あ、
本気がない。浮気しか出来ない人、
是非お知り合いに入れてください。



オラに、ちからを・・・


密かにご連絡、お待ちしております(笑)









No.125 / ジャンプ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2009.05.11  えねるぎー <<15:29


最近、すっかり丸くなった私は、あまり怒らなくなった。


怒れなくなったのかな?歳だし・・・と思った。




ちゃうちゃう。



眠っていました。まるで、獅子のように・・・



今日、その獣が、まるで、なだれのような勢いで吹きでてきまして、



生まれて初めて
「わたし、怖い」と、思いました。



こんなにおだやかなわたしにこんなに強いエネルギーがあったのかと。



怒りを撒き散らし・・・嵐でした。
大人気ない。
でも、やっぱり許せないなと、
ゆるせないものには頑として闘う!!
そこは、やっぱり譲れないです。



ぐあーっと吐き出した後は、けろっと、忘れ、
普段のおだやかな私に戻っていました。



これまた、わたし七不思議。





No.124 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2009.05.08  夢が詰まってる。 <<17:49


花火。


無機質な、真っ黒い空一面に広がる、花火。


赤、青、黄色、緑、白・・・
儚い、映像美であり、
芸術であり、
夢。


つかの間
たったほんのひとときの、時間の饗宴。



大きなキャンバスに、思い思いの夢と、職人さんたちの想いが散りばめられて・・・



キレイ




どーん

どーん

どどどーん
どーん

ど、どど、ど、どど

どどどどどどどどどどどど

ひゅーん ひゅーん ひゅーん



ライブでしか味わえない、
信じられない感覚が花開いてく
打ち上げ花火をみる、あの恍惚とした時間には・・・
きっと、たくさんの夢が詰まっているからだと思う。


みんな夢を乗せて、
今年も、たくさんの花火が
打ち上げられるのだろう









No.123 / お。 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2009.05.07  連続2日間 <<14:48


執筆中です。


今日はまた、昨日とは違った作品を書いています。


私の中に、ある強烈なイメージがあって、それがどうしても一緒になってくれなくて、


いろんな風に、アプローチしたんだけど、やっぱり一緒になってはくれなくて、


別々の作品にしちゃいました。


昨日一本、とりあえず吐き出して、


今日一本、さっき、とりあえず吐き出しました。


とりあえず、2本。


また、何かが生まれれば3本目を書きます。


自分が描く世界を、どうにかこうにか、形にしたい。


忘却機能は今日も順調です。


もう、自分が何を書いたのか、忘れました(笑)





No.122 / 脳のはなし / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2009.05.06  才能 <<19:38


わたしの最大の才能





忘却機能








No.121 / 見つめる。 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2009.05.05  ほっこり <<18:44


乗っていたエレベーター。
乗員3名。
止まると同時に3人がボタンを押した。
「開」
その瞬間、3人とも固まって、
「?」
となった。
「・・・・・・・」
3人が3人とも自然体で、押していた。
わたしは、すっと、一番に手を離して、一礼をし、降りた。

胸がほっこりした。



スポーツクラブ。
髪を乾かすスペースにて。
右に居た女性。おそらく40前後。
短い髪を乾かし、軽くお化粧をし、すっと立ち上がり、
周りに落ちた髪の毛を拾い、使っていたスペースを拭き、椅子を整え、去っていった。
その姿があまりにも自然だったので、横顔をふとみたら、
やっぱりやわらかな体をした、キレイな人だった。
お化粧ポーチも、お化粧品も、とてもよく手入れされた、素敵なものだった。


胸がほっこりした。


一方、左に居た女性。こちらもおそらく40前後。
長い髪を乾かしながら、体にローションをつけ、化粧を塗りたくっていた。
その姿が、あまりにも圧倒的だったので、じっと見ていたら、
何だか、ギスギスした感じの体だった。
肌が生き生きしてない。
お化粧ポーチも、ブランド物なのに、とても汚らしい。
丁寧に使われてないな、という印象。
その人は、何枚もティッシュを使い、お化粧ポーチを掃除し始めた。
そして何枚もティッシュを使い、鼻をかみかみ、耳を掃除していた。

そして、全ての作業が終わると、
散らかした髪の毛をそのままに、椅子も放り出したまま、去っていった。

そのあと、左側に新しい人が座った。
さっき、お風呂場で、髪の毛を浴槽に浮かべていた人だった。
その人は、散らかった髪の毛のある鏡前を、何も気にすることなく使い始めた。

キレイな右側はまだ空いていたのに。




胸がほっこり。



少しがっかり。





No.120 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2009.05.04  うまい別れ方はないものか。 <<21:13


200905031817000.jpg


いつも思う。繰り返し、思う。

「うまい別れ方はないものか」

出会いは楽しい。どんな出会い方でも、出会いというものは、ワクワクする。
しかし、別れ方ってやつは、どうも難しい。しつこすぎず、冷たすぎず・・・
相手に何を残すのか、残さないのか。決めるのはその、別れ際の瞬間だ。


例えば、仕事でおつかれさまと去るとき。
一言おもしろいことを言おうか、さらっとあいさつだけのほうがいいのか、
何も語らずに去るのがいいのか・・・。


人は一日に何度も出会い、何回も、別れる。
と同時に、人生においても、何度も出会い、何度も別れる。


うまい別れ方をしたいものだなぁと思って、ある音楽を聴いていたら、


先日の演技の状態が、湧き上がってきて・・・
あることに気付いた。
「ちがう」と。
役者の立場だと、主観でしか捉えられなかったことが、
1日経って、客観的視点へと降りてきた。
相手の感情に、気付いたのだ。


人の気持ちは、そんなに、単純じゃなかったのだ。


それに気付いた私は、なにやら、とても恥ずかしくなって、
とても情けなくなってしまった。


演技状態と、普段のわたしが、同じじゃないか!
客観的に、相手の気持ちを理解できない子。
違う立場から、相手の気持ちを理解してあげられない子。


って、これもまた、主観でしかないのかもしれないのだが、
やっぱり主観ばっかりじゃいけない。
いろいろ、可能性を考えてみたいなと。
結局、わかりあえないのかもしれないのだけれど、それでも・・・


もっと深いところで、人の気持ちがわかる人になりたいから・・・



やっぱり、空  







うまい別れ方があるとするならば、
それは、
未来がある、
未来をソウゾウできる、別れ方なのかなと、
空に描いてみた。














No.119 / ジャンプ / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2009.05.03  たかが演技、されど演技 <<09:10


演技者であることは、ときに、酷だなーと思う。


「信じてもらえない」


という瞬間にたびたび出会うから。


ときに言葉を、ときに、その感情のすべてを。


「あーこの人、芝居やってる人だから、こんなこと言ってるけど、演技だろ」


みたいな。




昨夜、芝居をやってて・・・本当に心が、乱れました。



夜も眠れないくらい、人間不信に(笑)



本気で演技をやればやるほど、本当に傷ついていく。


内臓に、深い、傷跡を残されたような、そういう感覚に、本気で陥る。


たかが演技なのに、されど演技なんだ。


その演技の度に、その、爪あとが、私の血や肉となる。


演技で、本気で、人を嫌いになれるもんだな、と。








でも、それでも、たどり着いた結論。







それでも、わたしは信じてみようと思います。



いろいろ。



すべてを。



すべてのものを。



わたしが、信じたいとおもう限り。






No.118 / 見つめる。 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2009.05.02  幼稚園カフェ <<10:06


たけのこのような、中国の子供のような、わたしの髪は、


子供たちにとても面白いようで・・・


昨日、勤務中、幼稚園の先生みたいになってました。


いや、友達だとおもわれてた!!!


まだたって歩くのが精一杯の子供たちが、壁をつたって・・・


わたしのまわりに、なぜか集まってきて・・・


にこにこ。


わたしもにこにこ。


調子に乗ったわたしは、変がおをしてみたり、いないないばぁをしてみたり、してたら・・・


大爆笑の嵐。


もー子供たち、大暴れです。


勤務中で、結構お店が混んできて、飲み物つくったりしてるときも、じーって見てて、


運んだりしてるときも、アヒルの子みたいに、ついてきたり。




たけのこな、わたし。


今日は、ちびまるこちゃんと言われました。


でっかいのに。






No.117 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。