うえむらきみよの 君とタユタウ 
スキなものはスキ、キライなものはキライ。でも、中庸もいいかなって想う、最近。


プロフィール


kimi

Author:kimi
私が私を見つけたとき、
私は生まれて初めて 
思いっきり空を飛べる気がしていて       

「ワタシ革命」

今 
私は 
その日を 
楽しみに生きてます



最近の記事




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

2008.12.30  弱さと強さ、チャンスと恐れ。 <<00:55


はい。実家です。明日はゴルフです。


今日は、泣きましたねー
たくさん。
疲れましたー


自分のウィークポイントを再認識というか、自覚した一日になりました。


基本、強い私なので、
自分がその、ある部分に、そんな大きなコンプレックスを抱えているなんて、
今の今まで気づきませんでした。
少しくらいは抱えていた自覚はあったのですが。
急に、今日、地元を歩いていたら、
自分が、ただ、さびれていくだけのダイエー(地元のスーパー)に思えてきたのです。
人生、他人と比較することじゃない。
それなのに、なんかいろんなものに雁字搦めになっていく自分が、
醜かった。とっても。
「悔しい」って思うポイントが違う気がした。


はい。


確か、一年前も同じような壁にぶつかって、
その日も、確か、大爆発、大洪水の感情の嵐でした。

一年たって
また同じ壁にぶつかって、
まだ、笑えない自分がいることに気付いて、
途中、笑えるかもしれないって、笑ってきたけど、それは嘘だったのかもしれないなぁと、
それも一つの逃げだったのかもしれないと、
思いましたとです。

それでも、私は笑いたいって思うのです。

無理矢理でも。

深刻に考えても前には進めないもの。

でも、泣いてもいいかなとも思います。

笑いながら泣けばいいかなと。


年の瀬に、

またひとつ、自分を発見。

泣いて、泣いて、考えて、笑って、やっぱり私はわが道を行くことにしました。



あ、題名に関しては、我が弟がなんか、今日、言ってた言葉です。



我が家は、不況に負けじと年末年始、行事尽くしです。



みなさん、よいお年を、お迎えください。




No.65 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2008.12.22  どうでもいいこと <<19:16


どうでもいいこと、5連発。


その1

年末、大掃除大会初日幕開けの今日、

引越しするのかなぁと思うくらい部屋を磨き上げた。

私は全般的に客観性がないけれど、掃除の才能はあると確信した。



その2

ここ2ヶ月くらい、一日20時間分くらい動いている気がする。

去年は確か、一日3時間くらいしか動いてなかった気がする。



その3

進化する細胞。

運動をしても息が上がらなくなった。傷口が一日経つと回復している。若い男性に声をかけられる。

すこぶる元気だ。



その4

ものすご読書。

本の蟲である。活字中毒。症状、コトバが欲しい。



その5

苦痛な神経からの解放。

ますます自由になってきた、わたしに乾杯。




おまけ

眉毛、落下。

前に一度、劇小劇場の楽屋で落としてから、早3年になります。

やってしまいました。また、眉毛、落下。あれ?パサッ、と落ちました。




以上。



いやー

今年は正月帰省します。実に5年ぶり。

零れ落ちそうな幸せの光の中で、タラフクご馳走を食べてこようと思います。


タラフクって鱈腹と書くのだなぁ。



















No.64 / にちじょう / Comment*4 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2008.12.08  顔面口だらけ女 <<10:44


最近、鏡に映る自分の顔が、全パーツ、口に見えてきています。

すごい食欲です。

強欲、欲望の塊といった感じです。

気味悪い感じです。

人間を食らう鬼のイメージです。

恐ろしくもあります。



何故だろうと考えていましたところ、

どうやらストレスのようです。

わたしがストレスなんて!

少々びっくりです。

確かに、最近、キラッといい人、演じてるからなぁ・・・



いえいえ。ちゃうちゃう。

そうではないようです。



芝居をしていないからなのです。

芝居をしていないわたしは、ただの生き物と化してしまうようで

わたしが、人間になるには、芝居が必要なようです。



ああ、ずっとずっと役者でいられればなぁ・・・

と、顔面口だらけ女は、今日も鏡を見ながら、

全身口だらけ女へと成長しないように、自分の中の欲と闘います。











No.63 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手
 Home