うえむらきみよの 君とタユタウ 
スキなものはスキ、キライなものはキライ。でも、中庸もいいかなって想う、最近。


プロフィール


kimi

Author:kimi
私が私を見つけたとき、
私は生まれて初めて 
思いっきり空を飛べる気がしていて       

「ワタシ革命」

今 
私は 
その日を 
楽しみに生きてます



最近の記事




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

2008.10.28  ねこが、 <<11:32


ねこにまつわるいい想い出が全くない、あたし。


周りに、ねこがとにかく集まる。


あまりに多すぎて、日々会いすぎて、ぎゃーってなります。


それはそれは、恐れ多いです、ねこ。



勝てません。

勝つ気も、争う気も、ましてや触れる気も、全くありませんです。

あなた方に会わないように、出来る限り避けて避けて生きているつもりです。

はぁ。


公園でのんびりご飯を食べていたら、ねこ。

鮭おにぎりの鮭が目当てなのかッ!

差し上げられませんよ、とそっぽを向くと、その目線の先にやってくる。

「くれよ」
「やですって、っていうか無理です」
「くれって」
「だって、具、なくなっちゃいますよ」
「いいから」
「勘弁してください」

って思いっきり席を立って、移動すると付いて来る。

付いて来るものだから、もう、帰ろうっと表に出ると、何だろ、付いて来る。

さらに道にもう一匹。はさみうちだ。



もちろんそれにも抗い、おにぎりを頬張り帰って参りました。

さてさて・・・

こんな日は、こういう「ねこの日」(月に何度かある)は、やばいぞっと心して家に帰りますと・・・

出ました、ねこ。


隣の部屋に飼いならされた猫たちが、とうとう子供を産んでました。

黒×シマシマ。どんな子供が生まれたかと思えば、

混じらないんですね。

黒1匹、シマシマ2匹。ちっちゃいのが3匹!!!


わんさかいるわけですよ、部屋の前。

ぎゃーもぎゃーですよ。はい。勘弁してね。突然現れると、びっくりするからね。

まぁ、今回は、用心しながらあがったからそんなにびっくりはしなかったのですが、

子供たちがいっぱいいたからね、びっくりしましたよ。


かわいいのですが、やはり、ねこはねこで・・・。


だんだん大きくなるしなぁ・・・


とすると、やはりあたしの天敵となるわけで・・・



ま、しばらくはいいか。



ちっこいの、強く生きろよっ。



散歩日和。


ひたすら散歩日和。



てくてく歩く歩く


エコエコ ニコニコ









No.60 / 散歩 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2008.10.23  ふらふらまめ。 <<19:27


あてもなく、歩き続けるのが好きです。

歩く、に限ります。

自転車も素敵ですが、歩くが一番ッ。

寄り道ができますから!

目的地、自由。経過、自由。帰るのも、自由。


そう。

先日、お仕事の帰りに、豚骨ラーメンが食べたくなり、田町まで行ったのですね。歩いて。

が、お昼でスープが切れましたとさ。

あれーって。すごーって。

で、時間見たら、14時だよー。

確かオープンが11時だから・・・。ええー。そんなことってあるの?って。

豚骨を食べ損ねたあたしは、それでもとんこつを諦められず、

他のラーメン屋には見向きもせず(かなりうろうろしました)、他の飲食店にも見向きもせず、

結局、家で、実家から送られてきた豚骨ラーメンを食べました。という散歩がありました。



そしてまた先日。

ふらふらしてましたら、どーんと目の前に古本屋がありまして、中をちょいと覗きましたら、

おじいさんが、居間でテレビを見ながら、みかんを食べていました。

居間には仏壇がありまして、とても古いちゃぶ台がありまして、

とってもいい感じだったので、つられて入ってしまいました!

するとそこには・・・

ここ、数ヶ月あたしが求めていたッ、画集たちがッ、わんさかありまして、しかも安くて・・・。

もう、宝探しのように、漁りました。

満足満足。で、おじいさんに柿をご馳走になりまして、秋を感じたのでした。

その節は、ごちそうさまでした。



今日は、まめの本を読みました。

その帰り道、今日、通りかかった近くのお店で、コーヒー豆の半額セールやってました。

こんなことってあるんだぁと、一番高い有機栽培の豆を購入してみました。




ふらふら ふらら。

ふらふらまめ。

そんな、すてきな気分です。













No.59 / 散歩 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2008.10.17  冬への準備。 <<20:32


買い物に行くと、ついつい余計なものを買ってしまうわたしです。


例えば、先日、ハーゲンダッツが安かったので、5つも購入。

例えば、先日、ココアが安かったので、3袋も購入。

例えば、先日、紅茶が安かったので、3種類も購入。



そのときいっつも思います。

「突然誰か、来るかもしれないから・・・ね」



といって、突然は誰も来ないのですが、何だか誰がいつ来てもいいように、

常に家に何かを常備するのが、私の癖です。



それでついつい、余計なものが、増えていきます。

増えていったものたちは、ときどき、わたしに「消費」の指令をだされ、

私によって消費されていきます。

毎回、意味ないな、と思いますが、

誰か来るかもしれない準備、はわたしにとって愉しいものです。



今年も、秋がやって来て、それを覆うように、冬が来ます。

そして、今年も少しずつ終わっていきます。



変わっていく。

町も、人も。時代も。

人の心も、空の色も、地球の空気も。



変わっていく。

変わらないものは、取り残されていく。

どんどん置いていかれる。



ミエナイヨ。

あなたには、ちゃんと、見えてる?



今日、誰かが言ってた。

「見えないものは、描けないよ」

私「見えないものしか描けないよ」



ミエナイヨ。


見ようとすればするほど、

ミエナイモノが増えていく。

人間も心も。

もの凄く向かっているのに、何を話しているのかわからない。

わたしはここにいますか?



冬が来る。

それでも冬はやって来る。

どしんと。ぎゅっと。



明日は、うちにも誰かが来るだろう。

明後日も、誰かがやって来るだろう。



でも、いつの間にか、残りのハーゲンダッツはあと1つ。


よっしゃーまた、買いにいこー。







 



No.58 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2008.10.11  ラブレター <<22:31


ラブレターが届きました。

1、2、3通。

舞台への感想、役者、上村公臣代へのお手紙でした。

一通一通とってもあたたかくて、それでいて鋭くて、

その上にたくさんの想いがそこにあって、愛にあふれてる。

便利なメールがある時代に、それでも手紙を送ってくださる、

その思いがとても熱くて、やさしくて、心がにじみました。

ありがとうございます。



最近、たくさん人とお話しさせていただいています。

落ち着いて、腹を割りながら、感情を観察しながら・・・。

見えてきたこと、混乱すること、まだ見えないこと、たくさんたくさんあります。

話の途中で、ぼーっとしてしまい、その人の姿を眺めます。はい。ときどき。

一瞬、いいえ、もっと長い時間。

「私が居ることに、この人はメリットがあるのだろうか・・・」

「私とこんなに向き合ってくれて、この人は疲れないのだろうか?」と考えたりします。

それでもみんな、話をしてくれるんですね。

それでもみんな、心を使ってくれるんですね。



”誰かのために涙を流す”

私、今まで一度も、そんなことを考えたこともなかった。



あ、

そういえば、母が泣いていたな。泣いてくれていたなァ。もの凄く怒りながら。

先月。父の誕生日、家族で食事をしたとき、私は、爆発した。

父の誕生日で、久しぶりの家族での食事の席で。

今、その時を思い出した。

「何であんたはいつまでたってもそうなのんよッ!!全然成長してないやない!!」

「悔しい・・・私は、本当に悔しいんよ」って。



同じだ・・・って。

全部、全部、同じなんだって。

おかん、おかんの感情のわからなさは、私、引き継いでるなァ。

おかんが言いたかったこと、わたしに伝えたかったことって、

私には全然何にも伝わってなかったさ。

私も同じなんやね、私が伝えたいこと、私の想いは、誰にも伝わってないんだ。




私は、自分でない誰かのために、

「あの子は何でああなの?ホント、悔しい」って泣くことが出来るだろうか?




ことばって大切。
そのことばに詰まった想いは、必ず伝わる。



たくさんの想いが詰まったことばたちを、

わたしは頂いてきて、

この大都会で、繋がりを切るのは簡単なことなのに、

今尚、何故かたくさんの人が繋がってくれている。

深いつながりを求めてこなかったのに、いつの間にか深くなっている。

こうなると、今、少し、怖い。

失うことが、怖い。




失うことが怖かったから、信じることを止めていたのかもしれない。

繋がることから、少し離れていたのかもしれない。



本番中、喧嘩したまま、母とは口をきかぬまま、両親は帰郷。



本番前、母から届いたことば。

「やっぱりキミのサポーターを続けます」



心に響く、すべてのことばたちは、

ラブレターであるんだなぁと想う。




今日の夕日は最高でした。

下北散歩。




200810111654.jpg










No.57 / 散歩 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2008.10.09  これから私に出来ること <<19:40


数日間、いろんなものと格闘した結果、

やっと、1つ、私が出来ることを見つけることが出来ました。

それもこれも、

コンガラガッタコードみたいな状態の私を、数々の人が、紐解いてくださいましたおかげです。

本当に、心から、ありがとうございました!




手帳にも大々的に書き、部屋に張り紙もしました。

ココロに大きく刻んで。

毎日毎日、この呪文をとなえてみようと思います。




こんな人として基本のことを、今になって気づくなんて。

こんなに大きくなって気づくなんて。

こんなスロースターターで、果たしてきちんと出来るようになるのだろうか?

必死です。

今後のわたしへの、人生の試練。



今は、

今まで出会ってきた、たくさんの人に、謝りたいと思います。何度も、何度でも。

自分の身勝手な感情を投げ出さない方法で。

でも、一途に。自分のベストで。




これからの未来に想いを馳せ、

何か、変わるかもしれない、を信じて。



ひとつひとつ

ゆっくり

丁寧に



部屋のりんごが、赤くなった、奇跡を

友人は、愛だと言いました


CAK221IB.jpg





キンモクセイの・・・

秋ですね









No.56 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手
 Home