うえむらきみよの 君とタユタウ 
スキなものはスキ、キライなものはキライ。でも、中庸もいいかなって想う、最近。


プロフィール


kimi

Author:kimi
私が私を見つけたとき、
私は生まれて初めて 
思いっきり空を飛べる気がしていて       

「ワタシ革命」

今 
私は 
その日を 
楽しみに生きてます



最近の記事




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

web拍手

2008.04.30  ここにわたしがいた <<10:36


昨日は友人の結婚式に行く。
今回も、新郎新婦とも、そのご両親も知っている。
そして出席者もなつかしい顔ぶれだ。
あの頃、人気者だった男連中はみんなメタボなおっさんだ。
女の子たちは、実家の恩恵にあずかり、優雅な印象を受けた。
先生方は、熟年しきった表情を見せ、教頭先生になっている先生もいると聞いた。
まだまだ、遊んでいそうな先生もいたし、
教え子と結婚した、今も昔も変わらない男前の先生もいた。

そうか。
もう15年以上の月日が流れたのだなぁ。

あの頃は、彼女が知らない彼を知っていて、彼が知らない彼女をたくさん知っていて、
全くといっていいほど接点がなかった二人。
顔見知りな同級生ってところか。
それがそれが、去年再会して、出会って、デート5回目にして結婚を決めたそうな。
その時の彼女の興奮した喜びのような電話を、今でも覚えている。

彼女の笑顔と明るさは、何よりも武器で、彼を限りない愛情で包むだろう。
彼の冷静さは、時には彼女を安心させて引っ張って行ってくれるだろう。

とてもバランスのいい二人。

わたしの大切な人たち・・・最高に幸せになってほしい。


帰省二日目。
今日ゆっくり目覚める。
平日なのに、贅沢だ。
母親も父親も朝は放置だ。
なのに、さっき、「起きた?」「起きなさい」との電話がそれぞれからかかってくる。
おそらく仕事が暇、なのだろう(笑)

今回の帰省の朝、空港に降り立った時、
なんともいえない感じが込み上げてきた。
いつもは、なんだか浮いているような、もうここは私の場所じゃないというか、
懐かしいだけの場所、長居をしてはいけない場所。
それが今回は違った。
「しっくりきた」

変わっていく町並みも、
駅前の空気も、
山から吹きおりる風も、
この夏を思い起こさせる空気も、匂いも、
電車に乗った感じも、人々も。

“わたしがいた”

確かに、わたしがいた。
そして、帰省すると、必ず連絡する人が一人だけいる。
電車を待つ間、電話をかける。
いつもかわらず、私を迎え入れてくれる声。
「おかえり」
驚くわけでもなく、喜ぶわけでもなく、淡々と、普通な声。
それがたまらなくうれしい。
「いつまでおると?」

じゃ。
と長電話などすることなく切る。
「話すべ」
そう。会って話すのが一番。

最後の言葉が気になる。
「マリッジブルーよ、私」

彼女もとうとう結婚する。
ま、今夜、深夜まで話を聞こうと思う。


近くの劇場で二兎社の芝居を観たあとで、
温泉にでも浸かりながら。









No.27 / 原点 / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2008.04.29  成田山。 <<00:11


お芝居、無事に終わりました。

少ないながら、私を支えてくださった観客の皆様、ありがとうございました。



と、今日は成田山に向かいました。
開基1070年記念、ということで。
続く商店街はとっても暖かく貫禄があってどっしりしていて、
こういう町に住みたいなーと思い、
成田山一体に広がる敷地は
「神々しい!!」
思わず神頼みです。

そして、お坊様にバシバシ背中やら首やらを叩いてもらいました。
少しは疲れが取れたかなぁ。

明日は親友の結婚式で、帰省します。
帰省しますが、ゆっくりできません。
私には、やらなきゃいけないことが山積みです。
約束は、守ります。
守れない約束はしない。

ということで、いつもながら、強情な私でいこうと思います。
母に「そんなに強くなって」と泣かれましたが(笑)

ま、
そのうち、
理解者が現れてくれるでしょう。







No.26 / にちじょう / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2008.04.24  すごいぜ、霜降り栃木牛。 <<22:42


いやー。今夜はラッキーでした。
スーパーに、残ってた、100グラムあたり600円の栃木牛。
200グラム入ってて、250円になっていたので、購入ッ。

家に帰って焼く。焼く。焼く。
なんだこの匂いはぁっ。
久々に嗅ぐ、風味溢れる肉の香り。
いやーこんなに肉がうまいものだとは、久々に感じました。

ということで、かなり元気です。

今日で前半戦も無事に終わりまして、明日から決死の5連戦です。

一人の力ってホント大したことないって思うけど、
大勢の力って、本当にすごい破壊力だし、上昇力なんだなと日々実感します。

さっ、今日も勢いよく寝ます。




恋に落ちるのは、一瞬ね。






No.25 / ラッキー / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2008.04.21  髪がはねてないっ!! <<10:02


さてと、本日、小屋入りです。
小屋入りの日が、一番、好きかも知れない。
体調、好調。
気分、上々。

昨夜は、サエちゃんと、王将でご飯をがっつり食べて、
早めに帰宅して、
ちびまるこちゃんと、サザエさんを観て普通の日曜日を感じ、
麻雀に4時間近く勤しみ、寝た。

目覚めすっきり。
さーてと、
早めに出て、散歩でもしながら、
ゆっくり劇場に出かけよう。

「プロとして楽しむ」

今回の課題。

あと、
「いかに髪をはねさせるか」
これも今回の課題。





No.24 / どうする? / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2008.04.13  ミツケタ。 <<22:33


好きなもの。


広い空の下、グラウンドでの野球観戦。
広い空の下、グラウンドでのサッカー観戦。


デイもナイターも好き。


今日の散歩途中にミツケタ、つかの間の休息。

高校野球の練習試合。



No.23 / 散歩 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2008.04.13  細かいところが気になる。 <<00:40


でも実際、本当はそんなとこ、どーでもいいのかもしれない。
大半のお客さんも、そして俳優自身も。
私は、細かいところが気になる。
ふとした仕草や歩き方、反応すべてが気になる。
一つひっかかると、え?え?えー?と突っ込む。

人間に関してもそう。

しかし、現実、そして芝居中でも、そんなことはどうでもいいのかもしれないと思ったりした。
きょう。

しかし面白いもので、
役者はやっぱ人間がやってるから、
その人間が持つ何かがにじみ出てくる。
「品格」「人間の器」「性格」「視野の広さ」「余裕」

それが面白くて、やはり、傲慢な人間は演技に傲慢さが出る。
逆に萎縮した人間は、演技に萎縮さが出る。
視野の広さが狭い人は、立ち位置感覚に欠け、
余裕がある人は、遊び心があふれ出す。

やっぱり思いやりだなと思う。
それも押し付けがましい思いやりじゃなくて、
謙虚な思いやり。
そして芝居に対する謙虚さ、大事。
空気を感じる感覚、そこから発するセリフは、すべて日常で鍛えられるモノで。
役として、一つ一つの行動、言葉を考えていたら、それにがんじがらめになってる自分に気づいたりして、本当はそんなこと、どーでもいいのかもしれないと思う自分がいたりする。

「細かいことなんて、気にすんな。ざくっと行け、ざくっと!」

と、もう一人の私がつぶやくのだが、気になることは気になるしね。
だけど、そんなに細かいところを気にしててもいけねぇんだなと、
今回、演出方法を勉強させてもらってます。
でも、もどかしい何かには、どうにかしたいという気持ちが働いてしまい、
ともすると、いろんなことがいちいち気になって、
それを全部修正したいなら、
ガラス細工でもつくってりゃいーんだよ!

って
反省しました。

あと、今日思ったこと。
「頭がいいってさ、何なんだろう」
私の答えは、「どれだけ多角的な視点にたって、物事を見ることが出来るのか」にあるのかな、と。多単なる視点だけじゃなくて、時には相手を思いやって、相手の視点に立つことも入れて・・・。

明日は休み。
頭の脳みそが疲れている。
眠たい。
眠ろう。眠ろう。



No.22 / 見つめる。 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2008.04.11  友澤脚本のすごさ <<00:05


こんばんは。
集中稽古が始まり、今日で10日。
何故でしょう。今回は疲れ知らずの私です。
よく寝ます。寝ます。寝ます。すっきりおきます。
パワーはいつも全開です。

今日、改めてというか、初めて思ったかもしれません。
友澤さんの脚本ってすごいと。
とっても失礼な話ですが、すごいのです。
すごいと実感しました。
そう、実感。

と同時に、友澤さんは最強だなぁと思ったわけです。
悔しいことに。
失礼な話ですが。
ホント、失礼極まりないと思います。
ですが、実感したからには、何かこの感情があふれすぎてしまって、
書かずにはいられないみたいでして。
書いてみたりするのですが、
興奮冷めやらず、悔しさ収まりきれず・・・。

友澤さんが最強な理由は、
どんな人間でも、どんな俳優でも、輝かせて、活かせる本が書けるということ。
縦横無尽に。
活かし方がまたうまい。
もーちょちょいのちょいですよ。
それがすごい。
俳優に力なんてなくていい、と思わせるような。
個性と、活力、今を生きる魅力みたいなのものが充分備わっていれば、
どうにだってなっちゃうのが、すごいのです。
友澤さん一人居れば、それだけで最強なのです。
どーにだってなる。

ともなると
あたしゃ、ただの籠の鳥。
ちっぽけに思えてきたのです。
全然ダメだべと、ため息をついたりするのです。
そんなの当たり前なんだけど、とてつもなく苦しいのです。
籠の鳥、ただ黙って何かを待っている籠の鳥。
息が出来ない感じなのです。

でも、これがプロなのだと、思います。
今。
しみじみ思うのです。

俳優は飼われた鳥、それは替わりがいくらでもきく籠の鳥、なのかも知れない。
んー。
うむうむ。

そんな中、またオモウは、
「私は何をやりたいんだろう」

肥大化していく、巨大化していく見えない力。
去る人は去り、来る人は来る。
その勢いに乗っかるように、人が人が集まり、溢れている。

そんな中、私は一人迷っている。
波に乗れない私がいる。
何故だろう。
何かが腑に落ちない。

私は取替えのきかない、「わたし」として生きたいがためにこの世界に飛び込んだのに、
取替えのきく「わたし」になってる。

そして繰りかえす。
「私は何をやりたいんだろう」





ねぇ、私。
脚本家になりますか?







No.21 / 脳のはなし / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2008.04.06  私は何がやりたいんだろう。 <<22:06


さて。

春な春な日々が続き、洗濯モノは無駄に乾き、喉も無駄に乾く。

今日は日曜日。

こころの休日。

今日は一日執筆活動っと、朝から、無駄に早く起きて、ラジオ体操とかをしてみた。

おおぅ。何だかすっきりだぜ。

しかし、何だか無駄にすっきりしすぎて、幸せ感でぼやーんとする。

書く気分になれない私。

無駄にゴロゴロしてみる。

あれ、私、何がやりたいんだろう。

テレビをつけたら、お笑い番組。

つまらないのに、無駄に笑ってしまう私、を含めた聴衆。

仕方なく、散歩に出かける。

ゆっくり歩く。歩く。歩く。

歩いていると、思考が役になってくる。

いかんいかんと、私を取り戻し、再び

「私は何がやりたいんだろう?」と問いかける。

私は私がやりたいことをしないと、価値がないのに、

私が何をやりたいのか、がポンと出てこないノダ。

そのことを考えること自体、違うんじゃないかって思ったりね、するのよ。

ホントは、ポンポンないと、いかんのやないかと。

そうなると私は、私を締め上げる。

自分で自分を追い込んで、茨の道を行く。

元来・・・私は孤独を愛している。

ってなんか、「えー」みたいな、キザな感じになったが、


「私は何がやりたいんだろう」と無駄に問いかける。

残された時間と闘いながら。





No.20 / ことば / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。