うえむらきみよの 君とタユタウ 
スキなものはスキ、キライなものはキライ。でも、中庸もいいかなって想う、最近。


プロフィール


kimi

Author:kimi
私が私を見つけたとき、
私は生まれて初めて 
思いっきり空を飛べる気がしていて       

「ワタシ革命」

今 
私は 
その日を 
楽しみに生きてます



最近の記事




月別アーカイブ




カテゴリー




FC2カウンター




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

web拍手

2009.05.07  連続2日間 <<14:48


執筆中です。


今日はまた、昨日とは違った作品を書いています。


私の中に、ある強烈なイメージがあって、それがどうしても一緒になってくれなくて、


いろんな風に、アプローチしたんだけど、やっぱり一緒になってはくれなくて、


別々の作品にしちゃいました。


昨日一本、とりあえず吐き出して、


今日一本、さっき、とりあえず吐き出しました。


とりあえず、2本。


また、何かが生まれれば3本目を書きます。


自分が描く世界を、どうにかこうにか、形にしたい。


忘却機能は今日も順調です。


もう、自分が何を書いたのか、忘れました(笑)





No.122 / 脳のはなし / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2008.09.24  こころが <<22:58


暴走する。

脳が、暴走する。


あまりにも思い通りに動いてくれないので、「えいこら」とおしおきをする。



すると、

「見たことのない景色が見たいです」って、わたしが言う。

「信じられない感情に行き着きたいんです」っていうわたしが突き上げてくる。



今日のわたしは、わたしを切ったら、あふれ出さんばかりの何かが溢れていたはずなのに、

感性のアンテナがとっても働いていたはずなのに、

板に乗ったら、なぜか、こころが心臓が動いていなかったようでした。



なぜだー
どうしてだー



でも、
今日も見れない景色が見えた!

今日も信じられない感情から出るセリフの瞬間があった!

それだけは、信じられる。



無難になれないわたしは、この言うことを聞いてくれないこころを全力で暴走させるだけです。

もっと、全力で。

あと4回。

そして、すべて終わってから、考えよう。じっくりと。



あたたかいお客様方に救われています。

ありがとうございます☆







No.54 / 脳のはなし / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2008.09.18  「すき」しかありえない。 <<22:55


初日、無事、開けました。


素敵な美術、音響、照明・・・素晴らしいスタッフさんに囲まれ、

子供なあたしにきちんと付き合ってくれた、大人な共演者の方々に恵まれ、

本当に本当に多くの方に支えられ、あたたかいお客様に包まれ、

本日、やっと、幕が開きました。




いろんなことがあったなぁと、今、しみじみ。

はい。

人と人が生きてるから、何もないなんてありえないんですよ。

しかも、こんなにも生きることに、生き方に執着心を燃やす人間たちが集まれば、

そりゃいろんなことがあります。




いいんです、それで。

あたしは、それで嬉しいんです。

それが、あたしにはたまらなくいいんです。




"すきしかありえない"


あたしの脳みそです。

どんな状況でも、あたしはいっつも「すき」に向かっていく。

あたしの「すき」に向かっていく。

一瞬の妥協もなく、

そ、一直線に。




そう、「すき」しかありえない。





この舞台、もう、「すき」で溢れてます。

もっともっと、溢れさせます。

楽しみにしていてくださいね。










No.53 / 脳のはなし / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2008.04.11  友澤脚本のすごさ <<00:05


こんばんは。
集中稽古が始まり、今日で10日。
何故でしょう。今回は疲れ知らずの私です。
よく寝ます。寝ます。寝ます。すっきりおきます。
パワーはいつも全開です。

今日、改めてというか、初めて思ったかもしれません。
友澤さんの脚本ってすごいと。
とっても失礼な話ですが、すごいのです。
すごいと実感しました。
そう、実感。

と同時に、友澤さんは最強だなぁと思ったわけです。
悔しいことに。
失礼な話ですが。
ホント、失礼極まりないと思います。
ですが、実感したからには、何かこの感情があふれすぎてしまって、
書かずにはいられないみたいでして。
書いてみたりするのですが、
興奮冷めやらず、悔しさ収まりきれず・・・。

友澤さんが最強な理由は、
どんな人間でも、どんな俳優でも、輝かせて、活かせる本が書けるということ。
縦横無尽に。
活かし方がまたうまい。
もーちょちょいのちょいですよ。
それがすごい。
俳優に力なんてなくていい、と思わせるような。
個性と、活力、今を生きる魅力みたいなのものが充分備わっていれば、
どうにだってなっちゃうのが、すごいのです。
友澤さん一人居れば、それだけで最強なのです。
どーにだってなる。

ともなると
あたしゃ、ただの籠の鳥。
ちっぽけに思えてきたのです。
全然ダメだべと、ため息をついたりするのです。
そんなの当たり前なんだけど、とてつもなく苦しいのです。
籠の鳥、ただ黙って何かを待っている籠の鳥。
息が出来ない感じなのです。

でも、これがプロなのだと、思います。
今。
しみじみ思うのです。

俳優は飼われた鳥、それは替わりがいくらでもきく籠の鳥、なのかも知れない。
んー。
うむうむ。

そんな中、またオモウは、
「私は何をやりたいんだろう」

肥大化していく、巨大化していく見えない力。
去る人は去り、来る人は来る。
その勢いに乗っかるように、人が人が集まり、溢れている。

そんな中、私は一人迷っている。
波に乗れない私がいる。
何故だろう。
何かが腑に落ちない。

私は取替えのきかない、「わたし」として生きたいがためにこの世界に飛び込んだのに、
取替えのきく「わたし」になってる。

そして繰りかえす。
「私は何をやりたいんだろう」





ねぇ、私。
脚本家になりますか?







No.21 / 脳のはなし / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲

web拍手

2008.03.25  人のことを考えると我を忘れる。 <<01:49


私の脳みそは、一つのことにもの凄い集中力とエネルギーを使ってしまうようで、

その探求にはまりだすと、どんどこいろんなことほっぽらかしになるのです(困った困った)

そして、今日、予定外の予定が急遽入ったため、

それに力を注いだ挙句、

自分のやるべきことを忘れ、傘を忘れてきたのです、ああ。

とってもお気に入りの傘で、あれがあると雨の日はるんるんです。

なのに、なのに、なのに忘れた。ああ。


本当に私は忘れもの魔で、
過去に鞄を4回、そのうち財布が5回、傘は以外になくて2回。
携帯が1回か。
とにかく、鞄と財布はよくなくします。

人のことより、自分、どーにかしろよと。我に言い聞かせつつね、

最近、いろんな人が私のところにやってきて、いろいろなお話をしようって

意気込んでくれているのが、嬉しかったりするのです。

そう思えば、忘れ物くらいいいやと思ってしまう私がいたりして、

全然関係ないし、二つとも両立できるだろ!って思うのですが。


今悩み事を抱えている全ての人へ。
「とことん悩め若者よッ!」
「とことん話せ若者よッ」
「たまには止まれ、若者よッ」
若いって、すばらしいっ☆

と、自分を励ましつつ、私の愛するすべての人たちへエールを送りつつ、


みなさん、移動する私に常々、

「忘れ物はない?」と私の周りをぐるっと見て頂けるとバッチグーです。





No.18 / 脳のはなし / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

web拍手
 Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。